JOHNNY MARR ON SOCCER AM (SKY SPORTS) NOV.20/2004登録商標なのでモザイク

適当な出演者

 

本日のゲストは、マンチェスター・シティのファン、いつの時代も最も影響力のあるバンドを率いる男、ジョニー・マー!!・・・とか何とか紹介されて、

 

ご機嫌ジョニー

 

腰の低〜い感じでジョニー登場!!

 

 

へんなサービス  そんな弾き方したことないはずな珍エア・ギターも披露。

 すぐに”Down On The Corner"のPVらしき映像に。

 

もの凄く恰好つけていますが、出演がジョニーたった一人なのが気がかりです。

           お笑い喋りまくり

スタジオ映像に戻ります。

ティム(司会):フロントマンとして楽しんでる?
ジョニー:うん!前より板についてきたし、ボスでいるっていうのは最高の気分だね。
ティム:常に色々なプロジェクトに関わっていてその上ニューアルバムを一人で作るなんてえらく大変な事でしょう?
ジョニー:でも最初から決めていた事だから。実際かれこれ一年以上、そうやって活動しているしね。ツアーから戻ってまず二、三ヶ月は家族と過ごし、それから新しい曲を書き始める。その間に他の仕事、“SHAMELESS”のクリスマスエピソードの仕事をしたり、フィン・ブラザーズのライブに飛び入ってジョン・ピール追悼の為に”Teenage Kicks”を演奏したり・・・。最初は一人で全部ニューアルバムをレコーディングしようと思ったんだけど無謀だったね。とにかく書かなくちゃならないパートは山ほどあるし、まず第一にベースもドラムもうまく演れないから(笑)。特にドラムは!

ティム:スミスのミュージカル(Some Girls Are Bigger Than Others)が上演されるんだって?
ジョニー: いいアイデアじゃない?アバ(Mama Mia)とかクイーン(We Will Rock You)みたいのではなくて、スミスの曲をモダン・ダンスで表現するらしいんだよ。

この話に場内一同絶句&爆笑

ヘレン:オープニングにはぜひ行かなくちゃね。
ジョニー:ちょっと興味津々のとこもあるから行こうかなと。
ヘレン:あなた自身、バックで演奏のオファーはされなかったのかったの?
ジョニー:それはなかったね(笑)。
ヘレン:残念!一番の見所になったでしょうに。
ジョニー:だろうね(笑)。クイーンとかアバみたいに。個人的にはバンド自体の話をミュージカルにして欲しかったんだけどな。
ティム:もしそうだったら誰が君の役なの?
ジョニー:ジョニー・デップにきまってるでしょ!?(見れば解るじゃない!?というように自分の男前をアピール。しかしオヤジっぽさのみ強調される)

その後、ジョニー最近のお気に入り、”ブロック・パーティ”と”ジョニー・ボーイ”のPVが流れる。

短い足を無理やり組むヘレン:ギターは毎日弾くの?
ジョニー:そうだって云ったらそこに居る息子に嘘つきって云われちゃうな。
ヘレン:”チューニングを変えたりして弾くということだけど?
ジョニー:”長いことギターを弾いていると毎回似たような事ばかりやってしまうんだよね。チューニングを色々いじってみる事はギターがまるで新しい楽器みたいになって、音もより新鮮で面白くなるよ。何より誰にも真似できないオリジナリティが出ると思う。
ゲスト1:どういうものをいつも弾いているの?
ジョニー:僕は自分が昔作った曲や人の曲を弾いたりほとんどしないんだ。人はそれを聞いて驚くかも知れないけれど、たとえるなら絵画と一緒で一度仕上がった絵に何度も塗り重ねるマネはしたくないんだ。常に新しいものを生み出すということを意識して弾いているよ 。

一同おお〜!!さっすが〜〜!というどよめきと共に拍手。調子よく手を挙げるジョニー。

シティの今季について熱弁を奮った後、いよいよボストン・ゴール・セクション!

ヘレン:あなたはボストン・ゴールコーナーの大ファンと聞いているけど。
ジョニー:うん。でも今日はここに移動する途中で見逃しちゃったんだよね。
ヘレン:いいえ、大丈夫よ!今回はあなたの為に特別に編集しなおしたんだから!
ジョニー:ええ〜!?そうなの!そりゃあ嬉しいなあ!(といいながら左胸をドラミング)

はじっこにコッソリいます

 

 

 

LUTHER BUSSETなんとかチームに交じって並んでいる様が滑稽です。一番小さいです。

 

ボストン・ゴール

 

 

巨大なサッカー・ボールに星型の穴が開いており、そこにボールを定位置から蹴り込むというゲームです。意外にもなかなか堂に入ってます。パワーはまるで無いのですが、コントロールが素晴らしいです。

 

エース!

 

 

やった!!見事ゴーーーーール!!!

 

 

人気者です

 

 

 

・・・という瞬間に、スタジオで隣に座っていた元フットボール選手らしき大男にたちまちヘッドロックをかけられてしまい、かなりしんどそうなジョニーです。

 

ずるずる後方に引きずられていきます

 

 

Guests:Lee Dixon - Legendary Arsenal Right Back
Nigel Winterburn - Legendary Arsenal Left Back
Ian Poulter - Ryder Cup winning golfer.
Johnny Marr - Musical Magician

 

***END***

 

Mar.16/2005/MAKIO
special thanx with 16tons of love * miyuki&debbie


HOME   SPECIALS  WORKS