IT'S A MAN'S WORLD / Live Magazine Dec.16,2007 / translated by MAKIO

ジョニー・マーのおしゃれアイテムをご紹介致します。ジョニーのようにたおやかにギターが弾けたらなあ・・・と思っているあなた!まずは恰好から入ってみてはいかがでしょうか?オリジナル記事(のスキャン)はこちらです。

10代の頃はプロのサッカー選手になろうかなって真剣に考えていたけど、もしその道を選んでいたら、ピッチ上でアイライナーをしているただ一人のプレイヤーになってただろうね。当時はニューヨーク・ドールズみたいなカッコでマンチェスター・シティの連中なんかとぶらついてたしね。ノッティンガム・フォレストの練習生にならないかって誘われた事もあったけど、音楽に対する情熱の方が勝ってしまったね。

セレブアイテムその1:ACQUA DI PARMA >アフターシェイブに最高。凄く良い匂いなんだ。

女の子のファッションはベストと云えるだろうね。僕が思うに、ここ10年のメンズウェアはサッパリだったね。ティンバーランドのブーツとかくたびれきったジーンズとか?中年向けのゆったり信仰にはうんざりだったよ。14-16歳の男の子向けなら最高にいい服があるってのにさ。

セレブアイテムその2:PF Flyers >PFフライヤーズのトレーナーシューズって恰好良いよね。2007年の初め僕もチャリティ用にネイビー・ブルーのレザー仕様をデザインしたんだ。

僕はアート・ロッカーでブッダ・ボーイ且つモッズさ。普段僕はディーゼルの細身のジーンズにPFフライヤーズのズックを履いていてTシャッツはProject Eのシルクとコットン素材のレトロもの、 という感じ。ネイビー・ブルーのピーコートはチャリティショップで購入したんだ。ヴィンテージTシャッツや70年代のラングラージーンズも好きだけど、何時間もパソコンの前に座って探すんじゃなくて、気に入ったものはどれだけ歩いても足で見つけるんだよ。

セレブアイテムその3:Sessions Beanie >これらはね、”もしベルベッツがスノーボードをしたら”これをかぶるはず、って感じのニット帽だ。

バンドTシャッツってださいよね。もし行員風のやつがラモーンズのTシャッツを着ていたら、僕はすかさず駆け寄って行ってやつらにラモーンズの曲を一曲挙げてみろって訊ねるよ。まったく嘘臭いし15歳から成長が止まってるみたいだ。

ジュエリーって以前は労働者階級のものだったのに、ラッパー文化が持ち出してから駄目になったね。僕はいつもネックレスやブレスレットを着けていて、昔はイヤリングも着けてたけどコインの指輪だけは填めまいと思ってる。最近のお気に入りは矢印がチェーンにくっついてるやつだ。

僕のブライトリングの時計はたったひとつなんだ。あるモデルの一部分とまた別にモデルの一部分が気に入ったものだから頼み込んでとうとう”僕モデル”を作ってもらったんだよ。シルバーと淡黄褐色のフェイスにネイビー・ブルーのダイアルが3個ついてる。

セレブアイテムその4:Fred Perryのカーディガン >僕はフレッド・ペリーを大量に買うんだけどカーディガンは白と栗色をゲットしたよ。

僕は今、ジャケットの襟やギター・ストラップにつけるヴィンテージのエナメルバッヂ集めに夢中なんだよね。お気に入りは古いRadio LondonのやつとHis Master's Voice、チベットの旗とTrojan Recordsのやつかな。

セレブアイテムその5:Prada Sunglasses >サングラスも一杯持ってるけど、お気に入りはプラダの大きめのやつだね。

最近初めて刺青を入れたんだ。破壊と想像の神、シバだよ。左腕に入れたんだけど、ポパイじゃない方だよね。

セレブアイテムその6:Aveda Skincare >飛行機やバスに乗りっぱなしの時は、これで保湿してるんだ。

帽子が大好きで20個は持ってるんだけど、理想の帽子はウールのタイトに編んだニットでオリーブグリーンのやつだな。The Wailersの誰かが持ってたなあ。

10代の頃からベジタリアンなんだけど、スミスで”Meat Is Murder”を演っている時の”肉抜き”バーガーはかなりキツかったよ。今は程よく痩せたけど、15年前にスタジオを建てたばっかりの時はそこから離れたくないものだからどんどん太っちゃった。過ぎ去りし想い出さ・・・

僕はもう全くアルコールを飲まなくなった。ちょっと流行らないね。今はスリランカのオーガニック・ホワイト・ティーに嵌ってるよ。

セレブアイテムその7:Fender Jaguar >とっても気に入ってるのは1963年のもの。なかなか手に入らなくてね。ヴィンテージ・ギターってほんと、無駄遣い以外の何ものでもないよね。

HOME