N E W S   A N D   R E C O R D I N G S   O F   J O H N N Y   M A R R


TOPへ戻る

JUN.21/2009
NMEによると、ニール・フィン&フレンズの新録7Worlds Collideとして制作された”The Sun Came Out”が2枚組で8月10日にリリースされるそうです。

Disc 1
'Too Blue'
'You Never Know'
'Little By Little'
'Learn to Crawl'
'Black Silk Ribbon'
'Girl, Make your Own Mind Up'
'Run In The Dust'
'Red Wine Bottle'
'The Ties That Bind Us'
'Reptile'
'Bodhisattva Blues'
'What Could Have Been'

Disc 2
'All Comedians Suffer'
'Duxton Blues'
'Hazel Black'
'Riding The Wave'
'The Witching Hour'
'Over And Done'
'Change of Heart'
'Don't Forget Me'
'Long Time Gone'
'The Cobbler'
'3 Worlds Collide'
'The Water'

収益は全てOxfamに寄付されます。

JUN.17/2009
クリブス新譜情報追加:ツアードキュメンタリーのDVD付き日本盤がHostessより9月2日に先行発売されるようです。CDジャーナルのニューズによると、来日は10月との情報も出ています。また、モデストマウスのニューシングル”No One's First&You're The Next”の発売も8月4日と決まったようです。

JUN.16/2009
ジョニー参加ザ・クリブス新譜タイトルと収録曲の全容が判明しました。いくつかの候補からタイトルを”Ignore The Ignorant"にした決めては、ヨークシャーのヨーロピアン・パーラメントの選挙においてBritish National Partyが議席を勝ち取ったことに対する反発からだとか。9月7日発売に先行してシングル”Cheat On Me”が8月31日にリリースされるそうです。NME.COM

Title:”Ignore The Ignorant” 9月7日リリース予定(プロデューサーはニック・ローネイ)

01.'We Were Aborted'
02.'Cheat On Me'
03.'We Share The Same Skies'
04.'The City Of Bugs'
05.'Hari Kari'
06.'Last Year's Snow'
07.'Emasculate Me'
08.'Ignore The Ignorant'
09.'Save Your Secrets'
10.'Nothing'
11.'Victim Of Mass Production'
12.'Stick To Yr Guns'

JUN.13/2009
MOJOアウォーズ2009に於いて、ジョニーがクラシック・ソングライター賞を獲得した模様です。その際のインタビューです。

JUN.9/2009
ジョニー参加のニール・フィンとのプロジェクト、新録”7 Worlds Collide”ドキュメンタリーがニュージーランドのTVで放映されました。Pitchforkのページからどうぞ。

JUN.5/2009
ジョニー参加後初ザ・クリブズの新譜と来日情報です。タイトル未定9月発売で、収録曲は'Last Year's Snow', 'Cheat On Me', 'Serve Your Secrets', 'Stick To Your Guns', 'Ignore The Ignorant', 'We Were Aborted' and 'We Share The Same Skies'との事。更に同月21日より始まるUKツアーの後に来日公演が予定されているようです。 ヤフーソース NMEソース

JUN.4/2009
モデストマウス限定4000プレスのアナログシングル第二弾”Autumn Beds"は6月23日発売です。お買い漏れなきよう。

JUN.3/2009
ザ・クリブズのオフィシャルサイトがリニューアル。TOPにジョニーもさりげなく(きちんと)交じっています。
また、先日ご紹介したNMEラヂヲ”究極のマンチェスターアンセム30”のうちのTOP20は以下の通りとなっています。

1.Joy Division / Love Will Tear Us Apart
2.Stone Roses / I Wanna Be Adored
3.Oasis / Live Forever
4.The Smiths / There Is A Light That Never Goes Out
5.Stone Roses / Fools Gold
6.Stone Roses / I Am The Resurrection
7.Oasis / Slide Away
8.Stone Roses / Waterfall
9.Oasis / Rock And Roll Star
10.Joy Division / Atmosphere
11.Oasis / Morning Glory
12.Stone Roses / Made Of Stone
13.New Order / Blue Monday
14.The Smiths / Panic
15.Joy Division / She's Lost Control
16.The Smiths / What Difference Does It Make?
17.The Smiths / Bigmouth Strikes Again
18.Oasis / Half The World Away
19.Buzzcocks / Ever Fallen In Love
20.Ian Brown / F.E.A.R.

MAY28/2009
ジョニーラヂヲ出演のお知らせはオフィシャルサイトからです。29日の現地時間PM5:30(日本時間30日AM1:30くらい)からNME RADIO”NMEユーザー&リスナーが選ぶ究極のマンチェスター・アンセム・カウントダウン30”に出演するそうです。翌日までの放送、お聴きのがしなく!

MAY16/2009
モデストマウスの数量限定アナログ7インチシングル”Satellite Skin”(c/w "Guilty Cocker Spaniels")が5月26日より発売されます。オーダーこちらオフィシャルサイトで視聴可能です。PVも合わせてどうぞご覧下さい。

MAY13/2009
本日もオフィシャルサイト情報です。今秋からThe Cribsが以下の日程にてツアーをおこないます。現在ジョニー含むメンバーはLAにて新譜のミックス段階だそうです。

Dublin Academy (September 21)
Belfast Mandela Hall (September 22)
Norwich UEA (September 24)
Cambridge Junction (September 25)
Liverpool Academy (September 26)
Hull University (September 28)
Glasgow Barrowlands (September 29)
Newcastle University (September 30)
Manchester Apollo (October 2)
Lincoln Engine Shed (October 3)
Leeds Academy (October 4)
Exeter Lemon Grove (October 6)
Southampton Guildhall (October 7)
Leamington Spa Assembly Rooms (October 8)
Bristol Anson Rooms (October 10)
London HMV Forum (October 15)

APR.22/2009
オフィシャルサイト情報です。コーチェラフェスの3日目である4月19日に、ジョニーがポール・ウェラーとジャムの曲”Town Called Malice”を演奏したそうです。そしてモリシーは・・・

JAN.31/2009
オフィシャルサイトがいくつかのニューズを更新しているのでお知らせ致します。

1.7WC詳細説明コメント
ジョニーは12月から1月にかけて、ニール・フィンやレディオヘッドのメンバー(フィル&エド)、ウィルコらと共にニュージーランドに新しい7 Worlds Collideの制作をおこなった。

ジョニー:オークランドのラウンドハウススタジオで2曲ほど作業した。ひとつは”Run In The Dust”という曲で、レディオヘッドのフィル・セルウェイがドラム、セバスチャン・スタインバーグがベース、リサ・ジェマーノはバッキング・ボーカル、他ジェフ・トゥイーディやエド・オブライエンもプレイしているよ。もう一曲は僕とジェフとで共作した”Too Blue”だ。クリスマス・イブのビーチで思いついた曲なんだけど、ジェフが詞をつけてくれてね。歌はカットして、ダブル・ドラム、ダブル・ベース、ギターは3本アコースティックで2本エレクトリックという計5本!ピアノにオルガンに弦モノに・・・全部さ!いにしえの(フィル・)スペクターセッションみたいにね。

他にもジョニーはニールの息子、リアム・フィンやエド・オブライエン、ドン・マクリーシュなどとコーラスやギターを提供している。

2.Mojo3月号にジョニーのインタビューあり。”A Life In Music”と題して影響された10枚のシングルを選出。

3.2月から始まるクリブズとのツアーについて

ジョニー:僕らはずっとポートランドやマンチェスターで曲作りをしてきたけど、新譜レコーディングの前にいくつかショウをしてみたくなったんだ。勿論新曲も演奏するつもりさ。ファンと僕らとの新しい門出を祝うようなものにするつもりだよ。

クリブズはその後、ヤーヤーヤーズやP.I.L(なによりもニック・ケイブだと思うが)の仕事で知られるニック・ローネイをプロデューサーに迎え、ロスアンジェルスでレコーディングに入る予定である。

JAN.29/2009
2月−3月のモデストマウスのツアーが発表されましたが、そのツアーにジョニーはクリブズのレコーディングの為に不参加との事。モデストマウスはジョニーの代役に元グランダディのギタープレイヤー、ジム・フェアチャイルドを立てるようです。ソース1 ソース2

JAN.13/2009
マーオフィシャルサイトによると、ペットショップボーイズの新譜”Yes”にギター参加しているようです。ペッショボ参加は半ば恒例行事でありますが、別ソースによると3曲関わっているようですね。3月23日リリース予定。

DEC.09/2008
The Cribsとジョニーの来年のギグがアナウンスされました。いずれも2月です。クリブズ・オフィシャル

Glasgow, ABC - 4
Manchester, Ritz - 5
Bradford, St Georges Hall - 8
London, Heaven - 10

NOV.16/2008
"Seven Worlds Collide"再び!の話題です。2001年ジョニーがCrowded Houseのニール・フィンの呼びかけで参加したレジェンダリーなツアー”Seven〜”が帰ってきます。当時の素材を生かしニュージーランドのスタジオ”Roundhead Studio”にて今年クリスマスから新年にかけて新たにレコーディング、更にAucklandでいくつかのショウもおこなう予定。メンバーは2001年ツアー当時と同様ジョニー他、Radioheadのエドやフィル、リサ・ジェマーノやニールの子息リアムなどなど。新たにWilcoのジェフ・トゥイーディ他多数ゲスト参加。アルバムの収益は全てOxfamに寄付されます。現在決定しているギグは以下の通りです。

Monday January 5th, 2009 - at The Powerstation, Mt Eden Road, Auckland, NZ.
Tuesday January 6th, 2009 - at The Powerstation, Mt Eden Road, Auckland, NZ.
Wednesday January 7th, 2009 - at The Powerstation, Mt Eden Road, Auckland, NZ.

NOV.14/2008
ソルフォード大学に於いておこなわれたマー教授の音楽講座”Always from the Outside: Mavericks, Innovators and Building Your Own Ark”の概要がThe Independent"のページにありました。 曰く、”まず誓って云うけど、これは皮肉じゃないよ。おれはミュージック・ビジネスなんて糞くらえと思ってるわけじゃない。おれは、なんと光栄な事だと思うが20年にも渡ってミュージシャンとして働いているし、願わくはもう少しはミュージシャンで居られたらなあ、と思っている。ブリティッシュ・カルチャーの一端を担っているって事が本当にハッピーなんだ”。−−−ああ、時間が足りなくて全部訳せません。要約すると、”みんな、はみ出して行こうぜ!”という内容ですが(要約しすぎ)この続きは次回に・・・

NOV.13/2008
ジョニーがレッチリのジョン・フルシアンテの次作アルバム"The Empyrean"に参加したようです。フリーも参加しているようですし、いやあ、これは個人的に大変楽しみです!

NOV.09/2008
ジョニー記事ふたつご紹介致します。モデストマウスオフィシャルサイトから、ひとつ目はソルフォード大でおこなわれたちょっと詳細なマー教授レクチャーの様子、そしてふたつ目はマーオフィシャルサイトから、主にモデストマウスに随行していたフォトグラファーの新写真集にジョニーが協力しているという記事です。この写真家・Pat Grahamの新作"Instrument"は楽器をテーマにしており、勿論ジョニー機材も満載される模様ですので、わたくしもかなり楽しみにしております。また、マーオフィシャルには”The Sound Of The Smiths"のTVCMもアップされております・・・(しかしこれで購買意欲そそられるかな?!)

NOV.01/2008
ジョニーオフィシャルサイトにスミスのニューベストアルバムのマスタリングについて語るジョニー(昨日45歳のお誕生日)と、共同作業をおこなったフランク・アークライト氏のインタビューが掲載されております。(アルバムのアートワークは古き良き時代のメンバーじゃしんのようですね)ジョニーは、今までのものが酷すぎたから、もうおれ自らで全部マスタリングしなきゃダメだ、というような発言に終始しています。

OCT.24/2008
The Sunに、またしてもスミス・リユニオンの噂です。来年のコーチェラにヘッドライナーとして出演か?というような事が書いてあります。また、ジョニーは来月(11月)ソルフォード大学にてプロフェッサーとして講義をおこなうようです。BBCニューズ

OCT.22/2008
ジョニーのオフィシャルサイトがリニューアルしております。全部のボタンを押してみよう!22日に”Africa Express”と称したアフリカン・ミュージシャンとヨーロピアン・ミュージシャンの交流イベントでギグをおこなうようです。(@KOKO, CAMDEN)

OCT.16/2008
NMEの今週号(10/15付)はジョニーとライアン・ジャーマンの表紙です。お買い漏れなきよう。

OCT.15/2008
10000セット限定のスミスシングルボックスセットがUKにて12月8日リリースだそうです。CDジャーナル

SEP.26/2008
”久々”に”またしても”スミスベストアルバムリリースのお知らせです。NMEの記事が一番詳しそうなのでご紹介します。この2枚組のコンピレーションアルバム”The Sound Of The Smiths"は1枚目にベストシングル集、2枚目にはレアトラックが交じってます、という内容。特に2枚目にはトロイ・テイトプロデュースの"Pretty Girls Make Graves”や、ジェイムズのカバー"What's The World”、ライブバージョンの”Meat Is Murder”など収録されるようです。マスタリング作業にジョニーが関わり、タイトルをモリシーがつけたらしい今回のコンピレーション、ブート音源でしか聴けなかったものがどのようになるのか、今回ばかりは大変興味があります。11月に通常フォーマットとダウンロードでリリース予定。トラック・リストは以下のようになっております。

Disc One:

'Hand In Glove'
'This Charming Man'
'What Difference Does It Make? (John Peel Session)'
'Still Ill'
'Heaven Knows I'm Miserable Now'
'William, It Was Really Nothing'
'How Soon Is Now? (12-inch vinyl version)'
'Nowhere Fast'
'Shakespeare's Sister'
'Barbarism Begins At Home (seven-inch vinyl version)'
'That Joke Isn't Funny Anymore'
'The Headmaster Ritual'
'The Boy With The Thorn In His Side'
'Bigmouth Strikes Again'
'There Is A Light That Never Goes Out'
'Panic'
'Ask'
'You Just Haven't Earned It Yet, Baby'
'Shoplifters of the World Unite'
'Sheila Take a Bow'
'Girlfriend in a Coma'
'I Started Something I Couldn't Finish'
'Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me'

Disc Two:

'Jeane'
'Handsome Devil (Live)'
'This Charming Man (New York Vocal)'
'Wonderful Woman'
'Back To The Old House'
'These Things Take Time'
'Girl Afraid'
'Please, Please, Please Let Me Get What I Want'
'Stretch Out And Wait'
'Oscillate Wildly'
'Meat Is Murder (Live)'
'Asleep'
'Money Changes Everything'
'The Queen Is Dead'
'Vicar In A Tutu'
'Cemetry Gates'
'Half A Person'
'Sweet And Tender Hooligan'
'Pretty Girls Make Graves (Troy Tate Demo)'
'Stop me If You Think You've Heard This One Before'
'What's The World? (Live)'
'London (Live)'

SEP.10/2008
今度はexリバティーンズ現ベイビーシャンブルズのピート・ドハーティとの共演”Jeane”をどうぞ。NMEの記事下方にYoutubeリンクあります。ジョニー破顔&ピーターのもっちり腹の映像が笑激です。

AUG.29/2008
オフィシャルサイト情報です。SPINNER.COMにてクリブスのギャリー・ジャーマンのインタビューが掲載されています。これまでの情報や新譜の進捗などうまくまとまったインタビューとなっていますので、是非ご一読下さい。(以下は面倒臭い人用のマキヲ訳です)***

***イギリスは北部のインディーバンド、ザ・クリブスはずっと家族バンドであった。フロントに双子のギャリー・ジャーマンとライアン・ジャーマン、そして最年少の弟ロス・ジャーマンがドラムスとして支えるこのバンド名の由来はザ・ジャーマンズ、すなわち彼らの生まれから来ているものである。(**Cribにはベビーベッドの意がある)しかし、彼らが家族ではないメンバーを加えることを公式に発表した事はバンドにとってこれまでにないような良い事と云えるかも知れない。伝説的なスミスからモデストマウスへと転身したギター・プレイヤー、ジョニー・マー。

”彼はバンドに居る”。ジャーマンズがマーとともに立ったリーズ・フェスティバルのバックステージでギャリーは我々にそう認めた。”四枚目のレコードはジョニーと一緒に作るんだ”。

ジャーマンズがマーに会ったのは、マンチェスター男であるマーがこのウェイクフィールドバンドへ傾倒している真っ最中の、2年ほど前のことである。”ジョニーが僕らのバンドのファンだなんて最高だよ”。ギャリーはそう語る。”初めて会ったとき、ジョニーは僕らの曲の話やらをペラペラ喋ってきて、本当にクリブスの事を良く知っていたんだ。僕らの方が明らかに彼の大ファンだって云うのにさ”。

アイディアを交換しているうちに、マーは結局バンドとともに作曲をしていた。ギャリーは云う。”なるようになったというか。面白そうだし一緒にプレイしてちょっと成り行きを見てみようか?という感じ。それがうまく行ったんだ”。更に、近頃ギャリーが拠点にしているポートランドと故郷UKを行ったり来たりしている点もジョニーと同様のスタイルだった。”僕ら兄弟と彼が別々の人生を生きている中で、これって奇妙な偶然だよ。面白いよね”。”それが功を奏したんだ”。ギャリーはそう説明する。

クリブスはとりあえずワーナーから2007年リリースした”Men's Needs, Women's Needs,Whatever”のUSツアーを今秋予定しているが、マーと曲を創る喜びを知り、バンドは早く先へ進みたいと考えるようになった。”10曲か11曲くらいはあるんだ”。ギャリーは新譜作成の進捗過程を述べた。”だけど常に試行錯誤していてただのひとつも完成していないんだ。さあ、この曲を仕上げちゃおうよ、とか云いながらまた新しい曲を書く・・・って感じで、永遠に完成しない。新曲を作ること自体が楽しいんだよね”。

クリブスはこのタイトル未定の4枚目のアルバム制作に秋以降のスケジュールを充てる。2009年前半にもリリース出来るよう、ミネアポリスへ経つ予定だ。更にギャリーが明かしたところによると、マーはアルバムではギターを弾き、また共作者としてクレジットされるのみではない。”バッキング・ボーカル”。ギャリーはマーの追加貢献を付け加える。”ジョニーが云うんだ、ラモーンズみたいになりたいって。彼らは全員で歌うだろ?ジョニーはマイクが欲しいんだって。何曲かのバッキング・ボーカルをやる事っていうのは、まさにその一部になるって事なんだってさ。めちゃくちゃエキサイティングだよ・・・僕らはお客さんを迎えるんじゃない。新しいメンバーをゲットしたのさ”。

クリブスの新譜が完成すれば、マーは当然一緒にツアーに出るだろう。しかし、モデストマウスとしてのマーが多分に懸念される。

”彼はずっとモデストマウスだよ”。ギャリーは注意を喚起する。”状況は常に気にしているよ。だって僕はモデストマウスのみんなとも友だちなんだから。僕はモデストマウスが大好きだし、ジョニーがモデストマウスをおろそかにするような事にはなって欲しくないんだ。彼らは今レコーディング中で、僕らもジョニーとの仕事は物凄く速いんだ。ジョニーも全て大丈夫だと云っている。彼が問題ないと云っているし、僕らもそれならハッピーさ。だから心配要らないよ。 了

AUG.28/2008
こちらはNMEの記事。シングルは年内発売が期待できそうですが・・・レディング・リーズでのインタビュー映像はこちらから。

AUG.26/2008
オフィシャルサイト更新情報です。どうやらレディングとリーズのパフォーマンスの模様が観れるようなのですが、なんと現在UKのみのサービス・・・ガックリ。お写真は閲覧可能ですので是非どうぞ(というか8枚目のお写真・・・おったまげ)。プラス、ジョニーがモデストマウスを辞めたんじゃないか?という一部の報道について曰く:誰もアレックス・ターナーがThe Last Shadow Puppetsをやっていたって、アークティック・モンキーズを辞めたの?なんて訊ねないだろ?僕は今でもモデストマウスだし、もうすぐ出る新譜では8曲作っているよ。

AUG.22/2008
以下にお知らせしたクリブスとマーのBBCRadio1セッション、こちらからどうぞ。(7枚のお写真あり)38分過ぎたあたりからです。演奏曲目は、”Hey Scenesters”と”I'm A Realist”の2曲です。

AUG.21/2008
クリブスとマーが19日、Kings Collegeのショウに登場。更に同日BBC Radio1はSteve Lamacqのセッションを行うなど、いよいよクリブズのフル・タイムメンバーとして本格始動です。BBC 6 Music News
また、バンドのマイスペースにはロスとギャリーが、フェス地獄で忙しかったさまやジョニーとのリハーサルや作曲活動も順調である様などを記しております(お写真あり)。

AUG.13/2008
クリブスのマイスペースじゃしんにちんまり収まるジョニーですが、そのジャーマンズとリーズ(AUG.22),レディング(AUG.24)フェス、更にそのウォームアップギグ(AUG.19/Kings College, London)に参加するという話が出ています。ソースです。バンドとの新曲が聴けそうですが、そのまま新作のレコーディングをして早くリリースして欲しいですね。

JUL.15/2008
無事にモデストマウスのWWDBTSESツアーを終えたジョニーの次なるステージは?と思っていたら早速飛び入りのニューズが(笑)。オフィシャル情報更新のお知らせです。7月9日、リバプールのEcho Arenaで行われたクラウデッド・ハウスのショウのアンコールに飛び入り、”There is A Light That Never Goes Out”(スミス曲) と”Weather With You”(CH曲)の2曲を演奏したそうです。(という事は、ジョニーは一旦イギリスに戻ったんですね)しかし忙しない人だなぁ。

JUN.22/2008
雷雨に中断されたり早朝(というより丑三つ時)シークレットライブを敢行したりと盛りだくさんのモデストマウスwithREMツアーですが、オフィシャルサイトに、ジョニーからのコメントがあがっています。

マキヲ意訳:今回のツアーも楽しくて仕様がないんだ。"Dance Hall", "Truckers Atlas", Teeth Like God's Shoeshine"など、その時にいいなと思った古めの曲を新しくアレンジして演奏しているよ。REMとのツアーも最高に楽しいよ。ピーター(・バック)と2本のリッケンバッカーで、ずっと大好きだった”Fall On Me”をプレイしたんだ。嵐の中で演奏したりスタジアムに稲妻が落ちたり、そりゃ楽しかったなあ!

・・・っておいおい・・・お客さんは大変だったんじゃないかい。それにしてもギグの後にまた夜中ギグ(14曲演奏)・・・なんというタフな連中だろう!本当に今が楽しくてたまらぬ様子が伝わってきますね。更にここには18日のギグにパール・ジャムのエディ・ヴェダーが飛び入ったというニューズもあります。ジョニーの友だちばかり(笑)。

JUN.10/2008
REMとアメリカ・カナダを元気にサーキット中のモデストマウスの一行ですが、ジョニーオフィシャルにREMのピーター・バックと”Fall On Me”を共演(ダブル・リッケンバッカー!)のお写真があります。旧知の仲のふたりではありますが、実際に同じステージ上に立ったのは初めてではないでしょうか。

APR.11/2008
最終日10日のセットリストは以下の通りでした。

Satin In A Coffin
Paper Thin Walls
Black Cadillac
Dashboard
Fire It Up
Tiny Cities Made Of Ashes
Trailer Trash
Here It Comes
Fly Trapped In A Jar
Doin' The Cockroach
Float On
Bukowski
Education
The View

Bury Me With It
We'Ve Got Everything
King Rat

APR.09/2008
8日、9日までのセットリストメモ
(大阪はpepsi colaさん有難う!)
(ちなみに、6月13日モデストマウス新木場コースト情報のアナウンスを気にしておられる方々へ。完全なる間違いだそうです)

Bury Me With It
Paper Thin Walls
Dashboard
King Rat
Doin' The Cockroach
Fire It Up
We've Got Everything
Trailer Trash
Tiny Cities Made Of Ashes
Here It Comes
Float On
Fly Trapped In A Jar
Satin In A Coffin
The View

Black Cadillac(大阪のみ)
Education(東京のみ)
Broke
Spitting Venom

MAR.01/2008
XFM独占インタビューご紹介(肉声あり)。スミスやヒーラーズ、最近の気に入りバンドについてなどなどパート7までの長いインタビューです。クリブズの正式メンバーにはなっていません、という発言や、ソロアルバムについても。

FEB.26/2008
オフィシャルサイトの更新情報転載します。

1:2月25日(radio2)と26日(XFMマンチェスター)にラヂオ出演。
2:2月28日、ロンドンO2アリーナでジョニーとThe Cribsがフルセット共演

FEB.18/2008
現在発売中のMOJO3月号はスミス表紙&インディー特集号です。

FEB.13/2008
ジョニーインタビューを二種ご紹介致します。Guardian Daily Podcast "Shipping Emissions" / Guardinan
また、マーオフィシャルUNCUT2月号のpdfファイルがアップされています。

FEB.06/2008
モデストマウス単独ツアーが追加になっています。日本公演の前にオーストラリア(Vフェス含む)を回ります。

Sat 29-Mar  Sydney, V Festival
Sun 30-Mar  Gold Coast, V Festival
Mon 31-Mar  Brisbane, The Arena
Wed 02-Apr  Sydney, The Big Top
Fri 04-Apr  Melbourne, Festival Hall
Sat 05-Apr  Melbourne, V Festival
Sun 06-Apr  Perth, V Festival

JAN.31/2008
モデストマウスのニュー・ツアーが下記のように発表されています。(With REM and The National)

Fri May 23   Vancouver, BC  Deer Lake Park
Thu May 29  Los Angeles, CA  Hollywood Bowl
Sat May 31  Berkeley, CA  The Greek
Tue Jun 03  Morrison, CO  Red Rocks
Fri Jun 06   Chicago, IL  United Center
Sun Jun 08  Toronto, ON  Molsen Amphitheatre
Tue Jun 10  Raleigh, NC  Walnut Creek Amphitheatre
Wed Jun 11 Columbia, MD  Merriweather Post Pavilion
Fri Jun 13  Mansfield, MA  Tweeter Center for the Performing Arts
Sat Jun 14  Wantagh, NY  Jones Beach Theater
Wed Jun 18 Philadelphia, PA  The Mann Center for the Performing Arts
Thu Jun 19  New York, NY  TBA
Sat Jun 21  Atlanta, GA  Lakewood Amphitheatre

JAN.30/2008
ジョニーが
クリブズとともにNME SHOCKWAVE TOUR 2008の舞台に登場。ダブリンでスミス曲”Panic”を共演。

JAN.26/2008
ジョニーがThe Cribsと彼らの新作(EP&フルアルバム)でコラボレーションすることが決まったようです(プロデューサーに非ズ)。現在のジョニーとクリブズメンバーの住まいであるポートランドでのバーベキュー・パーティで知り合い意気投合、その後アフタヌーン・ティーに出掛け友好を深めコラボの運びとなったようです。なんとも素敵・・・(としか云いようがない)。既にデモ制作に入った彼ら、音源が届くのが楽しみですね。(ソース

JAN.16/2008
モデストマウス4月単独来日のお知らせです。チケットは2月2日から発売、6300円。詳細はクリエイティブマンサイトにて。

4月08日(火)大阪:心斎橋クラブクアトロ (ワンドリンク付き)
4月09日(水)東京:DUO MUSIC EXCHANGE (ワンドリンク別)

4月10日(木)東京:DUO MUSIC EXCHANGE (ワンドリンク別)

JAN.06/2008
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。最初の雑誌掲載情報はNMEUNCUT新年号です。お買い漏れ無きよう。

DEC.08/2007
Gibson Amphitheatreで行われるモデストマウス9日のギグが、ロスのラジオ曲KROQで放送されます。日本時間10日月曜午後1:20ほどと思われますので、可能な方は是非ともお聴きになって下さい。

DEC.05/2007
マーオフィシャルサイト更新情報です。イアン・ブラウンとのQ&Aがpdfファイルにてアップされています。面白いので是非どうぞ。更にマー教授の雑誌記事もパート1パート2に分けてアップされていましたので、併せてどうぞ!

NOV.14/2007
Pitchforkにあったモデストマウス最新お写真(11月3日エドモントンでのギグじゃしん)ご紹介します。(一年以上ほぼ毎日着ているジョニーTシャッツの丈夫さにたまげます。)

プラス情報:マイク・ジョイスとアンディ・ローク視点でまとめられた”スミス史”のDVD、"Inside The Smiths”が2008年1月に発売されるようです。寄稿している他ミュージシャンの方が豪華です。ジョニーは何を思うだろう。

OCT.23/2007
ジョニー最新インタビューはBBCの音声ありインタビュー!プロフェッサー・マーの仕事やお気に入りバンド等について。

OCT.18/2007
トリニティー・カレッジのパトロンに引き続き、今度はサルフォード大学の教授になってしまったようです。マー教授、教壇に立って作曲やパフォーマンスをレクチャー!

OCT.17/2007
オフィシャル(珍しい)連続更新のお知らせです。本日のネタはObserver Music Monthlyサイトによる”ピート・ドハーティ、ポール・マッカートニーに訊く”というもので、ピートがスミスについて訊ねた部分の抜き取りです。ポールがジョニーとセッションした事を覚えているなんて驚きですね(ジョニーはかつて彼のバンドのオーディションを受けた事があります)。元記事はこちらで。

OCT.16/2007
11日のニューズにも記したAOLセッション(依然として観れませんが)のジョニーインタビューがオフィシャルサイトにアップされています。既出過ぎのモデストマウス加入話からスミス再結成話、そして”インディーとはなにか?”等語っていますが、今回ヒーラーズについては言及していないようですね。

OCT.13/2007
10月2日、アイルランドはダブリンにあるトリニティー・カレッジでジョニーが講演会を行いました。オフィシャルサイトに詳細があがっていますので是非どうぞ。彼がパトロンに選出されたPhilosophical Societyサークルの学生らとの質疑応答の模様です。ソース違いはこちらで。

OCT.11/2007
AOL Musicにモデストマウスのライブ・パフォーマンス及びQ&Aがアップされています。(何故か現在は観れません)

セット:
Broke
Little Motel
The View
We've Got Everything

OCT.10/2007
1.ジョニーがQ AwardsのLifetime Achievementに選ばれました。おめでとうございます。生涯現役でいて下さい。
2.ジョニーがRolling Stoneサイトで”最も過小評価されたギター・プレイヤー25人”のうち、微妙過ぎる15位にランクイン。

SEP.29/2007
マー・オフィシャルサイトにて先月発売されたQマガジンの記事が読めるようになっています。(HMVの広告もくっついていて親切)また、ソニーのモデストマウスサイトにはサマソニ特番情報があります。10/13 テレビ朝日26:40-28:35放送予定だそうです。

SEP.22/2007
更に更にツアー延長。

11-15 The Blue Note, Columbia, MO, US
11-16 Lloyd Noble Center, Norman, OK, US
11-17 Kiva Auditorium, Albuquerque, NM, US
11-30 MI State Theater, Kalamzaoo, MI, US
12-1 Fox Theatre, Detroit, MI, US
12-2 Congress Theatre,Chicago, IL, US
12-3 Orpheum Theatre, Minneapolis, NM, US
12-10 SOMA San Diego, CA, US
12-11 The Rialto Theatre, Tucson, AZ, US
12-12 Abraham Chavez Theatre, El Paso, TX, US
12-15 House of Blues, New Orleans, LA, US

モデストマウスオフィシャル

SEP.19/2007
ジョニーとモデストマウスのツアー終焉で気持ちが沈んでいた所へ、WWDBTSESツアー追加のお知らせです!(アイザックのレーベル、Gracial Paceと契約したLove As LaughterとMan Manとともにツアーします)

10-31 Spokane, WA - Big Easy Concert House
11-01 Spokane, WA - Big Easy Concert House
11-02 Calgary, Alberta - MacEwan Ballroom
11-03 Edmonton, Alberta - Edmonton Events Centre
11-05 Regina, Saskatchewan - Conexus Arts Centre
11-06 Saskatoon, Saskatchewan - Oden Event Centre
11-07 Winnipeg, Manitoba - Burton Cummings Theater
11-09 Des Moines, IA - Val-Air Ballroom
11-10 Madison, WI - Orpheum Theatre
11-11 Milwaukee, WI - Eagles Ballroom
11-12 Indianapolis, IN - Murat Egyptian Room
11-14 St. Louis, MO - The Pageant

SEP.11/2007
モデストマウスのWWDBTSESツアーも残すところあと3公演となりました。(寂しい・・・)サマソニ映像放送のご案内はこちらでどうぞ。
プラス、ソニーのオフィシャルにアイザックとジョニーのインタビュー二個あがっていました。(全く気付かず・・・)海外誌の訳出しです。有り難い。

AUG.27/2007
マー・オフィシャルサイトでWord MagazineEsquire9月号の記事が読めるようになっております。(例によってpdfファイルです)

AUG.25/2007
モデストマウス・オフィシャルサイトのお写真コーナーでは今期ツアー(ジョニー含む)の様々なお写真アップ続々更新中ですが、フォトグラファーPat Grahamさんのフォトブック”Silent Pictures”が発売されました。この写真集にはモデストマウスは勿論、ザ・シンズやラングフィッシュ、フガシなど沢山のアーティスト写真が掲載されています。

*スミス再結成ネタがお好きな方専用ニューズ

AUG.15/2007
Word Magazine9月号Q Magazine、ジョニー表紙:インタビュー掲載です。ワードマガジンはスミスのボックスセット発売の顛末を語り、Qは・・・表紙の錚々たるメンバー(笑)!

(あと、わたくしのモデストマウス・サマーソニック来日公演レポートをアップしております)

AUG.14/2007
サマソニオフィシャルサイトにモデストマウスのお写真があがっております。東京 / 大阪

AUG.13/2007
モデストマウス(ジョニー含む)のサマーソニック出演時のセットリストを下に記しておきます。ブラック・キャデラックは東京のみで、大阪は1曲少ない構成となっておりました。詳細なMAKIOギグご報告書は一両日中にもアップしようと思います。(記憶が鮮明なうちに・・・)

Paper Thin Walls
Education
Dashboard
Fire It Up
Bukowski
Float On
The View
We've Got Everything
Missed The Boat
Tiny Cities
Black Cadillacs (東京のみ)
Spitting Venom

AUG.10/2007
サマーソニック出演が明日と迫り、ジョニーやモデストマウスメンバーらはそろそろ日本に無事降り立てたでしょうか。”Missed The Boat”のPVがオフィシャルリリースとなっておりますので是非ご鑑賞下さい。(ロボットくんのバージョンも可愛いので是非どうぞ!)

AUG.07/2007
**Lollapalooza特集**
Pitchforkのロラパルーザページに、モデストマウスのギグレポートとお写真があります。
Spin.comにアイザックの映像インタビューがあります。前々作より復帰したドラマー、ジェレマイアさんの話や、ジョニーがパーマネントメンバーである事を再度強調!しております。 (髭が・・・・・・・)

AUG.03/2007
4月22日より一時ツアーから離脱していたベース・プレイヤーのエリック・ジュディが、8月1日のコロラドはモリスンでのショウ”Red Rocks”にて復活致しました!無事に日本にも来てくれますね、ヨカッタヨカッタ。

AUG.02/2007
またぞろモデストマウスツアー、2nd Reg.突入です。さて、ROCKIN'ON9月号にジョニーのインタビューが2ページあります(よく撮れたライブお写真あり)。これまでに語られた既出の話題ばかりですが、是非ともお立ち読み下さい。

JUL.29/2007
そろそろモデストマウスの短き休暇も終わりますが、掲載雑誌記事をひとつご紹介します。現在発売中のUNCUTにジョニーのインタビューが1ページあります。今回のUNCUTはおまけの小冊子が秀逸!!ロック史珍データの項目のひとつに、”マーの珍奇セッションベスト10”があります。是非ご一読下さい。

JUL.11/2007
ジョニーデザインのチャリティ用スニーカー、ジョニー・マー・スーパー・ダーク・ブルー(PF Flyers)ただいま発売中です。US分108足は既にソールド・アウトとなってしまいましたが、UK分は11日現在でもe-Bayにて入手可能です。

JUL.02/2007
ジョニー・マー・オフィシャルサイトの更新情報です。ギャラリーセクションにお写真追加(モデストマウス6月20日パリでのショウのお写真二点)と、Guardian誌掲載”Pieces Of Me”13点pdfファイルのアップです。 "Dashboard”のPVでジョニーがかき鳴らしていた珍ギターは小道具さんがこしらえた一点もののG-Phonicというレコードプレイヤーだそうです。

JUN.24/2007
NMEによるモデストマウスat Glastonbury07記事をご紹介します。演奏された曲は、”Fire It Up"(ジョニーの凄まじいコーラス),”Spitting Venom","Parting Of The Sensory"(なんと初演奏!!),"Education”などだそうです。お写真はこちらでチラっと観れますが、アイザックの怪我も回復したようで良かったです。

JUN.17/2007
オフィシャルサイトの更新情報です。ギャラリーセクションにいくつかの写真が追加されたのと(クラウデッド・ハウス新譜レコーディング時と思しきスティーブ・リリーホワイトとの一枚は目が覚めるほどにキュートなはにかみ笑顔!)、最新NMEの記事”ぼくがロックンロールに教わったこと”がpdfファイルにてアップされています。(写真は何故か2003年ヒーラーズ時代のジョニーです)”やっちゃいけない6つの事柄”の最後にスミス再結成があります。

JUN.14/2007
全く気付きませんでしたが、お写真集のようなファッション雑誌記事flaunt84号がオフィシャルにアップされていました。(pdfファイル)こりゃ字を大きくしても読みにくい・・・。

JUN.13/2007
アイザック(モデストマウスのフロントマン)の怪我は6月1日以前に負ったものである事が判明したようです。Pitchfork記事内のリンク(YouTube)映像で、ファンの問いかけに”瓶で殴られた”と答えています。が、ステージ上で襲われたものなのか、どこで負った怪我なのかは明らかになっていません。負傷した後も7日まで5夜のショウをこなしたようですが、写真で観るに瞼の周りが痛々しく腫れ上がっております。手術後はまた元気に復活して欲しいものです・・・。

キャンセルしたショウの振替公演は以下のようになっております。

02-Jul Vega, Copenhagen, DK
03-Jul Live Music Hall, Cologne, DE
04-Jul Batchkapp, Frankfurt, DE

JUN.10/2007
モデストマウス+ジョニー情報>
**以下ドイツ公演ののいくつかがアイザックの顔の
怪我の為の入院により、中止になりそうであるとのニューズ(ドイツ語)がありました。心配です。

09-Jun Melkweg, Amsterdam, NL
10-Jun Batschkapp, Frankfurt, DE
11-Jun Live Music Hall, Koln, DE
13-Jun Vega, Copenhagen, DK

(追加:マーオフィシャルにプラス3公演もキャンセルという情報が掲載されています)

14-Jun Wireless Fest, Hyde Park,UK
16-Jun Greenfields Fest, Interlaken, SW
17-Jun Nova Rock,Nickelsdorf, AU

**5月3日のフィラデルフィアでのショウをここで聴くことが出来ます。ジョニーのギターのみならず、コーラスもバッチリお聴きいただけますのでサマソニの予習に是非。(特に"Education"のアドリブ演奏、そして”Tiny Citiesの緊張感は本当に素晴らしい!!)

Set List

Paper Thin Walls
Ocean Breathes Salty
Dashboard
Florida
Fire It Up
Bukowski
Float On
Education
Trailer Trash(extended)
Tiny Cities Made Of Ashes
Missed The Boat
Doin' The Cockroach
The View

Encore:

Bury Me With It
Spitting Venom
Came As A Rat
Lucky Me Again(excerpt)

JUN.09/2007
モデストマウス+ジョニーの8月分ツアーがアナウンスされました。

01-Aug Red Rock Amphitheatre Morrison, CO, US
03-Aug City Market Kansas City, MO, US
04-Aug Pimlico Race Course - Virgin Festival Baltimore, MD, US
05-Aug Grant Park - Lollapalooza Chicago, IL, US
08-Aug Keyspan Park, Coney Island Brooklyn, NY, US
15-Aug LC Pavilion Columbus, OH, US
16-Aug Time Warner Amphitheater Cleveland, OH, US
17-Aug Pines Amphitheater Northampton, MA, US
18-Aug Tweeter Center Mansfield, MA, US
19-Aug Festival Pier Philadelphia, PA, US
21-Aug Louisville Gardens Louisville, KY, US
22-Aug Ryman Auditorium Nashville, TN, US
25-Aug The Gorge George, WA, US
27-Aug The Edgefield Troutdale, OR, US

JUN.08/2007
オフィシャルサイト更新情報です。マーデザインのPFflyers”スーパーダークブルー”チャリティ詳細:7月10日より、いよいよ発売開始!US、UKおのおの108足限定となっておりますので、お買い漏れの無きよう。アンプの前にちんまり丸く収まっているジョニーじゃしんもありますので是非ご覧下さい。

JUN.06/2007
モデストマウス+ジョニーの”We Were Dead Before The Ship Even Sank"日本盤(邦題:生命の大航海)が、オリジナル盤より2ヶ月半遅れてようやく発売されました。日本盤のみの特典DVDの内容は、Dashboard, Float On2曲のビデオ・クリップと、Dashboardビデオシューティングのドキュメンタリー(日本語字幕付き。3分くらい)となっております。

JUN.02/2007
現在発売中のMOJO6月号掲載ジョニー最新インタビューをオフィシャルサイトから読むことが出来ます(pdfファイル)。話題はスミス、モデストマウス、ヒーラーズと大変興味深い内容となっております。MAKIO訳文はこちらです。

MAY 27/2007
"We Were Dead Before The Ship Even Sank"の訳詞&各曲ご紹介ページをアップしました。

MAY.19/2007
"We Were Dead Before The Ship Even Sank” 日本盤がいよいよ6月6日に発売されますが、邦題が”生命の大航海”に決まっていたようです。日本盤ボーナス”King Rat”は私MAKIO大推薦の1曲ですので、是非お聴きになって下さい。尚、UK盤シングル"Dashboard”にもこの"King Rat”は収録されていますので、外盤を既に所有されていてDVD(内容はダッシュボード・ヴィデオ・フッテージだそうですがあまりレアなものは期待出来ません)不要な方はこちらなど如何でしょうか。

MAY.18/2007
たまには息子の話題:ジョニーの息子ナイル・マー(Kid4077)のギグ情報をご紹介します。
DESIGNER MAGAZINE ALL AGES @ AMP
 (マンチェスター) JUNE.1stです。(ジョニーはバルセロナ・・・)ナイルの生意気盛りインタビューも合わせてどうぞ!(thanks, kewpie-san!)

MAY.12/2007
猛ツアー中ネタ欠乏につき、収拾した記事を2−3ご紹介致します。

1. Eric Judy/*モデストマウスのベース・プレイヤー*/不在(彼は4/7ミネアポリスのショウからステージには立っていません)の謎。 (ソース:Pitchfork / Contact Music
2. アリゾナ”The Rogue”という店で開催されるAndy RourkeのDJイベント(5/12)にジョニーがモデストマウス一行と一緒にご来店?(ソース:Azcentral

MAY.05/2007
全てオフィシャルサイトニューズ更新のお知らせです。

**Obseverに、ジョニーのサウンドトラック・オブ・マイ・ライフ掲載中。
**Relish Now!にジョニーお気に入りCD5枚
**モデストマウス(とジョニー)、サマーソニック出演!ニューズ再掲載。
**5月1日放送のデヴィッド・レターマンショウ映像(Youtubeですが)のリンクがあります。是非とも動くジョニー最新演奏映像をご覧になってみて下さい。プラス、Yahoo!ミュージックにモデストマウスページが新設されております。ライブ映像とともにお写真などもアップされていますので、こちらも是非どうぞ!

MAY.03/2007
ただいま猛烈ツアー中のモデストマウス(とジョニー)。この辺でふたつほど4/27ボストンでのショウのレビューをご紹介しておきます。

ボストン・グローブ 
ボストン・ヘラルド

うう・・・胃が痛い・・・胸が痛い・・・
ついでに見つけたジョニーズック関連の可笑しなインタビュー。MAKIO訳ページはこちらです。(尚、ベースプレイヤーのエリックは何らかのっぴきならない理由にて離脱中です。代役はサポートバンドLove As Laughterの人とTom Pelosoさんが務めております) また、バンドは5月1日のDavid Letterman Showに出演しており、16日にはCraig Ferguson Showに出演予定です。

APR.26/2007
再結成クラウデッド・ハウスの新譜”Time On Earth”の発売日が7月2日と決まりました。気になるジョニー参加曲は、”Don't Stop Now"(ファースト・シングル!6/25発売), "Even A Child"(ニールと共に曲作りも手がけています)の2曲です。(余談ですが、プロデュースにスティーブ・リリーホワイトの名があります)ソース:オフィシャルサイト

APR.20/2007
現在ジョニーがバンドの一員として働いているモデストマウスのサマーソニック出演が正式に発表されました。8月11日東京、12日大阪です。ジョニーは2003年のヒーラーズ公演以来、4年ぶりの来日となります。去年は同イベントでDJマーとして来日予定でしたが、モデストマウスのレコーディングがおしてキャンセルになった経緯がありますので、今度こそはきっちり演奏する姿を見せて欲しいものです。

APR.19/2007
オフィシャルサイト更新情報:モデストマウスUKのショウ追加&変更、その他あり。

28-May Nottingham Rock City
29-May Manchester Ritz Ballroom

* PF Flyerという、靴メーカー(アパレル関係も取り扱っているようですが)からジョニーのシグネチャーモデルのトレーナーシューズがUS:108足限定80ドル、UK108足40ポンドでチャリティ販売されます。ニューズソース

* ジョニー(どんぐり頭)とアイザック(ガチムチ兄貴)の映像インタビュー公開中。Pepsi Smash

APR.13/2007
モデストマウス+マーのサマーソニック出演情報がジョニーオフィシャルマイスペースから消えている事をここに記録しておきます。

APR.11/2007
Vh1のサイトにて、アルバム未収録曲の存在(曰く"Tie the Lake Down" と"The Whale Song" )及び新しいプロモーション・ヴィデオ撮影の計画を、モデストマウスのフロントマン、アイザック・ブロックが語っております。ニューPV”King Rat”(6月6日発売予定の日本盤にはボーナストラックとして収録予定の佳曲)にはなんとHeath Ledgerが参加、そして更にTerry Gilliamがアニメーションを担当しているそうです。完成が楽しみでなりません!(尚、3月18日のショウでの自傷行為についても弁明があります・・・なんというお騒がせ人物・・・)

APR.05/2007
引き続きツアー差分以下です。UKが追加になりました!

25-May Wolverhampton, UK Wulfrun Hall
26-May Manchester, UK Ritz Ballroom
27-May Glasgow, UK ABC
29-May Portsmouth, UK Pyramids
30-May Paris, FR Trabendo - Elysee Montmartre

APR.03/2007
続々更新更新のモデストマウス+ジョニーの怒濤のツアー!!差分は以下となっております(完全版はモデマーページに順次追加しています)。

09-Jun Amsterdam Melkweg
11-Jun Cologne Live Music Hall
13-Jun Copenhagen Vega
14-Jun Brussels Ancienne Belgique
16-Jun Greenfields Festival
17-Jun Nova Rock Festival
19-Jun Kulturfabrik
20-Jun La Laiterie Strasbourg
22-Jun Glastonbury Festival
23-Jun Hurricane Festival
24-Jun Southside Festival
26-Jun Vox Hall Aarhus
28-Jun Accelerator Festival Gothenburg
29-Jun Accelerator Festival tba
30-Jun Hove Festival tba
31-Aug-2-Sep "Electric Picnic" in Ireland

APR.01/2007
MENアリーナニューズにマンチェスターVSキャンサー2007のレポートが早速あがっています。ジョニーがチラっとでも出演したとの記載は無いのですが、(デビッド)マッカルモント&(バーナード)バトラーが、(アンディ)ロークとスミス曲”Still Ill", "Last Night I Dreamt That Somebody loved Me"を披露したそうです。(聴きたかったなあ)

MAR.29/2007
オフィシャル更新情報です。モデストマウス+ジョニ−のうきうきしたアルバム”We Were Dead Before The Ship Even Sank"がビルボードでNO.1を獲得!だそうです。ジョニーからのスペシャルメッセージ要約:”いいニューズだね!いい曲を書いてレコーディングを始めた時から、これは凄いアルバムになるぞ!とは思っていたんだ。ツアーが楽しくて仕方ないよ。みんなが聴いた事無い曲も好評だし、僕たちは最高にハッピー!これから始まるワールドツアーをとっても楽しみにしているんだ”。
更にSPIN誌PASTE誌にジョニーとアイザックのインタビューが掲載されています。

MAR.24/2007
下に記したマイスペのサマーソニックフライング日程掲載がオフィシャルにも転載されました。(一歩一歩着実に。でもまだまだ。)

MAR.23/2007
オフィシャルマイスペースに、”モデストマウス+ジョニー、サマーソニック2007(8月11日と12日)出演!”の日程がツアースケジュールに掲載されています。モデストマウス側サイトにもサマソニサイトにも公式発表はありません。真実である事を祈ってます!!
更にBlenderサイトのビデオコーナーで、SXSWに出演したFlaming Lipsのウェイン・コインが夏の終わりくらいにModest MouseやThe Shinsとツアーするような事を喋っております。

MAR.22/2007
モデストマウスとジョニーの楽しい新譜、”We Were Dead Before The Ship Even Sank"全国の外盤店にて好評発売中!また、追加USツアーのスケジュールが続々発表になっています。しかしこのハードさ・・・ジョニー死なないか?(*印はLove As A Laughterのサポートあり、6/22はどちらかのフェスに出演するようです) Source : Pitchfork & NME

03-19 Fargo, ND - Playmakers Pavilion *
03-21 Seattle, WA - South Lake Union Naval Reserve
03-23 Santa Clarita, CA,-Six Flags Magic Moutain
04-15 Seattle, WA - Paramount Theatre
04-16 Vancouver, British Columbia - Pacific Coliseum
04-20 Minneapolis, MN - Orpheum Theatre
04-21 Minneapolis, MN - Orpheum Theatre
04-22 Chicago, IL - Auditorium Theatre
04-24 Toronto, ON, CA -Hummingbird Center
04-25 Montreal, QC, CA - Metropolis
04-26 Rochester, NY - Main Street Armory *
04-27 Boston, MA - Orpheum Theatre
04-29 New York, NY - The United Palace
04-30 New York, NY - The United Palace
05-02 Providence, RI - Lupo's Heartbreak Hotel
05-03 Philadelphia, PA - Electric Factory
05-04 Greensboro, NC - Special Events Center
05-05 Atlanta, GA - Masquerade Music Park
05-06 Birmingham, AL - BJCC Arena Concert Hall
05-08 New Orleans, LA - House of Blues
05-09 Austin, TX - The Backyard
05-10 Grand Prairie, TX - Nokia Live
05-12 Mesa, AZ - Mesa Amphitheater
05-13 Los Angeles, CA - greek Theatre
05-14 San Diego, CA - Cox Arena at San Diego State University
05-16 San Jose, CA - San Jose State University
05-20 Somerset, England - Butlins Minehead (ATP vs. the Fans)
05-23 London, England - Royal Albert Hall
06-01 Barcelona, Spain - Primavera Sound
06-22 Scheesel, DE -Harricane Festival or Tuttlingen, DE - Southside Festival

MAR.16/2007
オフィシャルサイト更新のお知らせです。ギャラリー・セクションに新しいお写真追加&モデストマウスのニュービデオへのリンクがあります(と云ってもYouTube・・・)。メンバー不在ビデオですが、新譜の曲をいち早く聴けるチャンスです。是非どうぞ。

MAR.15/2007
Johnny Marr & The Healersとしてのマイスペースが新たに公開されたようです。ヒーラーズにこだわる感じも愉快ですが、アドレスに至ってはjohnnymarrampthehealersです・・・。オフィシャルの云っていたリニューアルがこれだったのかと思うと哀しいですが、今後はタイムリーにアップデイトするとの事です。お写真なども、どうぞ。

MAR.01/2007
マーWithモデストマウスの新曲"Dashboard"のヴィデオ・クリップ紹介がオフィシャルサイトに記載されております。冒険譚風のPVですが・・・なんじゃ、このコスプレは(笑)。終いには爆笑してしまいました。

FEB.26/2007
マーWithモデストマウスの新譜”We Were Dead Before The Ship Even Sank”がBlender Magazineという雑誌で4.5/5という高得点をつけたという記事がオフィシャルサイトにアップされています(またもpdfファイル)。モデストマウスにすっかり混ざり込んで写っている写真が面白いです。

FEB.14/2007
オフィシャルサイトにUNCUT最新スミス特集号掲載のジョニーのインタビューがアップされています。(pdfファイルですが・・・)未購入の方は是非どうぞ。

FEB.11/2007
モデスト・マウスとの追加ツアー情報がオフィシャルにアップされています。えらいことです(ヒーラーズ関連の活動がない、と約束されたものですからね)が、4月が抜けてますね。

March 10 Mexico City @ Foro Sol
March 14 Portland, OR @ Crystal Ballroom
March 15 Portland, OR @ Crystal Ballroom
March 16 Missoula, MT @ Missoula Univ Theater
March 18 Sioux Falls, SD @ Ramkota Exhibit Hall
March 19 Fargo, ND Play @ Maker's Pavilion
May 20 Somerset, UK @ ATP vs the Fans
May 23 London, UK @ Royal Albert Hall
June 1 Barcelona, ES @ Primavera Sound

FEB.10/2007
モデスト・マー掲載雑誌のお知らせです。Under The Radar ウェブでさわり部分を読むに、飽くまでもモデスト・マウスメンバーとしてインタビューを受けているようですね。しかし、"Some bands are bigger than others"って(笑)。

FEB.09/2007
NME.COMに、UNCUTでのジョニーの発言が少々掲載されています。彼曰く、”スミス曲で最も人気があり後生にに残るであろう曲は”How Soon Is Now?”であり、ヒーラーズでも演奏したしモリシーもいまだにライブで演っているが、T.A.T.uのカバーはプラスティック・ミュージックでしかない”。どうやら彼女らのヴァージョンを内心気に入っていなかった事を白状している模様です。(・・・明日買って来るか・・・)

FEB.06/2007
現在発売中のUNCUTはスミス特集です。全国外盤店にお寄りの際は是非チェックをどうぞ。おまけ(モリソロによる内容チラリ)

JAN.29/2007
ジョニー全面協力によるモデスト・マウスの新譜”We Were Dead Before The Ship Even Sank”の発売日がとうとう3月20日に決まった模様です。>>モデスト・マウスのオフィシャルサイト 完全版と思しきシングル"Dashboard"が聴けます。是非とも試聴してみて下さい。

JAN.25/2007
1月22日付オフィシャルサイトの更新によると、HARPマガジン1−2月号に、ジョニーとモデストマウスのアイザックのインタビューが掲載されているそうです。ジョニーインタビューはこちらから、アイザックインタビュー(完全版)はこちらでどうぞ。ちなみに、オフィシャル独自作成のHARPページはこちらです。また、通常のようにMAKIO訳もご用意しておりますので併せてご一読下さい。 >>ジョニー・マー&アイザック・ブロックインタビュー HARPJAN-FEB2007

JAN.22/2007
いまだ何も新しいニューズはありませんが、CSでのスミス・ライブ放映のお知らせです。以前にもWOWOWで放映されたものですが、見逃した方は是非どうぞ。ザ・スミス / デルビー1983
Feb.2  23:00−23:54
Feb.11 20:00−20:54
Feb.21 24:00−25:00
Feb.24  03:00−0400

JAN.13/2007
1月2日付でオフィシャルサイトに”A HAPPY NEW YEAR”の挨拶があります。”2006年は比較的オトナしめなジョニーだったが、どっこい2007年は騒々しくさせてもらうぜ!!”的な事が書かれています・・・。本当なら本当に嬉しいのですが!

JAN.10/2007
3月30日に開催されるManchester v Cancer2007の出演者に、イアン・ブラウンとシャーラタンズ、エコー&ザ・バニーメン、フッキーがアナウンスされました。チケットはいよいよ12日チケットマスターなどで発売です!お取り逃し無きよう!<<MENサイト * チケットマスター >>

JAN.04/2007
あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。さて、今年最初のニューズですが、去年1月28日に開催され、アンディ・ロークがオーガナイザーを努めて大変な反響を呼んだチャリティ・イベント、”Manchester v Cancer"がまた今年も催される模様です。ソース:マンチェスター・オンライン 今回もジョニーが出演するかどうかはまだ決まっていませんが、開催日は3月30日、チケット発売日は1月12日から、となっています。詳細が判明次第、またお知らせ致します。

2006年12月以前のニューズを観にいく

BACK