THE SMITHS VISUAL BOOTLEGS (所有スミス海賊映像のご紹介コーナーです)


hacienda

 
  HACIENDA'83
(Jul.6/39分/画質A/ジョニー度:60%)
  You've Got Everything Now / Handsome Devil / Reel Around The Fountain /
  What difference Does It Make / Wonderful Woman / These Things Take Time /
  I Don't Owe You Anything / Hand In Glove / Miserable Lie / Accept Yourself ***/
 
  83年の、とても面白くて興味深いハシエンダでのライブです。ジョニーは赤いトレーナーでカメラ
  目線、時折しゃしゃり出て来ては不敵な笑みです。ギターはリッケン330のみ。モリシーは淡々と
  ショウを進めるつもりも曲順を間違えたりなど、相当テンパってるように見えました。お客さんは
  一様にピクリともせず呆然。おかしいのですが、私は久々にこれを観てヒーラーズのライブを
  思い出してしまいました。ジョニーのステージアクト、この頃と何にも変わっていません。

 

palast

  ROCKPALAST '84 (May.4/71分/画質A/ジョニー度:150%)
  Hand In Glove / Heaven Knows I'm Miserable Now / Girl Afraid / This Charming
  Man / Pretty Girls Make Graves / Still Ill / Barbarism Begin At Home / This Night
  Has Opened My Eyes / Miserable Lie / You've Got Everything Now / Handsome
  Devil / What Difference Does It Make? / These Things Take Time / This Charming
  Man / Barbarism Begin At Home / Hand In Glove ***/
  観たあと、幸福感で満たされる一本です。”Barbarism"でギターをかなぐり捨て、モリシと一緒に
  踊るジョニー(ジョニーが踊り出すとカメラがロークしか映さなくなるのが不満)、嬉しそうで幸せそうな
  モリシ。まあジョニーのダンスは無様な事この上なしなんですが、それがまた滑稽味があって良い。
  バック・ステージでの仲良しな様子もバッチリで、何も云う事なしの一本です。ラスト三曲は文字
  通りのアンコール。ジョニー使用ギターは”Barbarism”はES-335チェリーレッドのビグスビートレモロ
  アーム付き、それ以外の曲はリッケンです。
 


madrid

 
  LIVE IN MADRID '85
(May.18/76分/画質Bマイナス/ジョニー度:40%)
  William, It Was Really Nothing / Nowhere Fast / I Want The One I Can't Have /
  What She Said / How Soon Is Now / Handsome Devil / That Joke Isn't Funny 
  Anymore / Shakespeare's Sister / Rusholme Ruffians / Headmaster Ritual /
  Hand In Glove / Still Ill / Meat Is Murder / Heaven Knows I'm Miserable Now /
  Miserable Lie / Barbarism Begins At Home / This Charming Man ***/
  まずジョニーのあまりの映らなさに苛々します。”マーは要らん”という方にはお薦めの一本。
  しかしこの時期のモリシは踊りにキレがあり、キビキビした動きで楽しいです。ソフト帽も愛らしい。
  良く見えないながらも、ジョニー使用ギターはギブソン・レスポールの黒とサンバースト、あと
  もう一本(”Rusholme Ruffians"時使用)が判別不可能。せめてソロの時(短いのだし)は
  ジョニーを映して欲しかったですね。 ”How Soon Now”はシルエットしか映りません。
  アンコールの"This Charming Man”でトチるロークの慌てぶりも見もの。
 

irvine

  IRVINE CA. '85 (Sep.22/29分/画質F/ジョニー度:42%)
  Shakespeare's Sister / I Want The One I Can't Have / What She Said / 
  What's The World / Nowhere Fast / The Boy With The Thorn In His Side /
  Frankly, Mr.Shankly / Big Mouth Strikes Again / That Joke Isn't Funny Anymore /
  Stretch And Wait ***/ (途中)

  貴重な85年の映像にも関わらず、観ているのが苦痛な一本です(悔しいが途中で終わって
  いてこれ幸い) 。画質Fは”Failure”の意味でつけました。この時期の特徴は
  ”What's The World"と"Stretch & Wait(テレキャス使用)”演奏し始めたという事でしょうか。
  ”新曲だよ”と云って既に”茨”(ES-335使用)などもプレイされております。ドキドキしたのは、
  ”Big Mouth”のモリシの曲紹介の後、ジョニーが中々それを演奏しなかったところです。

collection

  COLLECTION (48分/画質B)
  This Charming Man (PV) / The Boy With The Thorn In His Side / Heaven Knows I'm
  Miserable Now / Hand In Glove / Big Mouth Strikes Again / Vicar In A Tutu /
  That Joke Isn't Funny Anymore / I Want The One I Can't Have / Hand In Glove /
  Nowhere Fast / There Is A Light That Never Goes Out (PV) / Panic (PV) /
  There Is A Light That Never Goes Out (Live) / Panic (Live) / Ask (PV) / Shakes
  peare's Sister (Live) / Headmaster Ritual ***/
 
  主にWhistle Testの映像。インチキ臭い”Meat〜”レコーディング風景も含まれます。
  ”茨〜”PVは首なしジョニーバージョンで、Tubeの映像はギャノンがおります。サンディ・ショウと
  モリシのインタビューや”Explanation?”が非常にキュートなモリシインタビューもあり。
   


bbc

  BBC LIVE (74分/画質C)
  Hand In Glove / Still Ill / Barbarism Begins At Home / Heaven Knows I'm Miserable
  Now / Hand In Glove (Sandy Shaw) / Handsome Devil / This Charming Man /
  Reel Around The Fountain / What Difference Does It Make? / Hand In Glove /
  These Things Take Time / You've Got Everything Now / This Charming Man /
  What Difference Does It Make? / Heaven Knows I'm Miserable Now x 2 /
  William, IT Was Really Nothing / Headmaster Ritual / Data Run (TV PROG.)***/   

  購入せぬが無難の一本です。内容はTubeのライブ、83年7月Derby Assembly Roomの
  ライブ、TOTPのライブ、”Meat〜”インチョキレコーディング風景など、既により良い映像で出て
  いるものばかりです。 強いて特筆するならData Runの爆笑TVプログラムが入っていることくらいか。


liveatuk

 
  LIVE AT UK '86
(32分/画質Bマイナス)
  Heaven Knows I'm Miserable Now / There Is A Light That Never Goes Out /
  Big Mouth Strikes Again / Vicar In A Tutu / William, It Was Really Nathing /
  Shoplifters Of The World Unite / This Charming Man / The Boy With The Thorn In
  His Side / Sheila Take A Bow x 2 / Shoplifters Of The World Unite ***/
 
  画質よりも音質が最悪です。んが、TOTPの”Sheila〜”はジョニーファン必見のステージ・アクト。
  例のベレー帽ぽいやつを頭に乗せてご機嫌です。続くTubeのライブは、ギブソンES-335の12弦
  での演奏が大変な見所であります。2フレットカポ、Dの指でEのキー。
     





wolver

 
  WOLVER HAMPTON '86
(Oct.15/80分/画質B/ジョニー度:70%)
  The Queen Is Dead / Panic / I Want The One I Can't Have / Vicar In A Tutu /
  There Is A Light That Never Goes Out / Ask / Rusholme Ruffians / Frankly,
  Mr.Shankly / The Boy With The Thorn In His Side / What She Said / Is It Really
  So Strange? / Never Had No One Ever / Cemetry Gates / London / Meat Is Murder /
  I Know It's Over / The Draize Train / How Soon Is Now / Still Ill / Big Mouth Strikes
  Again ***/
  ジョニーの動きが激しくなったのは、ギャノンのお陰で手数が減ったからでしょうか。使用ギターは
  レスポール3本(黒アーム有/無、サンバースト)、フェンダーストラトを使い分け、リッケンやグレッチは
  ギャノン担当です。”Draize Train”の楽器隊演奏は素晴らしく恰好良いですが、ZEP某曲に
  酷似している事は永遠の秘密です(アクションもペイジ臭いなあ)。”Still Ill”のジョニーの壊れぷりは
  爆笑必至。こうしてモリシとジョニーが普通に肩を組んでいる姿は、何だか切ない。


spying

  TV SPYING '83-'85 (56分/画質B)
  Hand In Glove / Handsome Devil / This Charming Man / Barbarism Bigins At Home /
  Heaven Knows I'm Miserable Now / How Soon Is Now / Rusholme Ruffians /
  Headmaster Ritual / Hand In Glove / Miserable Lie / The Boy With The Thorn In His
  Side ***/

  "One Two Three, One Two Three, I Am Morrissey, One Two Three" で始まるスペインの
  スミス特集TV番組。主にジョニーとモリシのインタビューによって構成されています。
  随所にシングルジャケのモトネタ映像(ジャン・マレーのオルフェ等)が挿入され、彼らの映像に対する
  考えやファン、マンチェスターの音楽シーンについて語るというもの。ジョニーは異常に早口で
  ぞんざいで偉そうぶっています。
 



tvspecial2

 
 
TV SPECIAL2 (50分/画質Aマイナス)
  This Charming Man (30) / What Difference Does It Make (26) / William, It Was Really
  Nothing (23) / Heaven Knows I'm Miserable Now (19) / How Soon Is Now (26) /
  Hand In Glove / The Boy With The Thorn In His Side / Shoplifters Of The World Unite /
  Hand In Glove / Still Ill / Barbarism Begins At Home / The Boy With The Thorn In His
  Side / Meat Is Murder / Shakespeare's Sister / Hand In Glove ***/

  カッコ内は一応順位です。ほぼTop Of The Popsからのクチパク映像、途中TUBEの本物ライブ、
  Barbarismで踊るジョニーも観れます。グラスゴーのMARGOX小噺の後、85年Sep.25の
  Barrowlandsライブが ありますがこれが興奮の坩堝演奏。最初のHand In Gloveはサンディ・
  ショウ。

   


salford

  SALFORD UNIVERCITY '86 (Jul.20/80分/画質Aマイナス/ジョニー度:80%)
  Panic / Shakespeare's Sister / Frankly, Mr.Shankly / Vicar In A Tutu /
  Ask / I Want The One I Can't Have / Cemetry Gates / Never Had No One Ever /
  Is It Really So Strange? / The Boy With The Thorn In His Side / There Is A Light
  That Never Goes Out / That Joke Isn't Funny Anymore / What She Said /
  The Queen Is Dead / Money Changes Everything / I Know It's Over /
  Big Mouth Strikes Again / Rusholme Ruffians / Hand In Glove***/
 
  途中までギャノンが居る事に気がつきませんでした。音はすれども存在感ゼロ。
  ジョニーはリーゼントで、服はぶかぶかにも程があるだろうというくらいに演奏し辛そうです。
  ここではMoney Changes Everythingが演奏されており、なかなかに好演奏です。
  最後のHand In Gloveでモリシはお客さんに埋もれながら熱唱。


brixton

 
 
BRIXTON ACADEMY '86 (Dec.12/画質B/ジョニー度:75%)
  Ask / Big Mouth Strikes Again / London~Miserable Lie / Some Girls Are Bigger
  Than Others / The Boy With With The Thorn In His Side / Shoplifters Of The World
  Unite / There Is A Light That Never Goes Out / Is It Really So Strange? / Cemetry
  Gates / This Night Has Opened My Eyes / Still Ill / Panic / The Queen Is Dead /
  William, It Was Really Nothing / Hand In Glove ***/
 
 

 



単独のライブでは最後の一本。ギャノンは最早居りませんが、ジョニーの奮闘ぶりが好きなのでヴルヴァー・ハンプトンよりも
こちらの方が良いです。 使用ギターはストラト2本(黒でピックガードのみ白のアーム付きと、真っ白のアーム無し)、
レスポールはサンバーストと黒、の計4本かな。ジョニーは足もよく上がって腕もよく回っています。”Queen Is Dead”では
割とすっきりした足元のエフェクター類が活躍します。最初にジョイスの所からスティックを取ってレスポールを弓弾きならぬ
棒弾き(笑)していますが、たいした効果も無いのがご愛嬌。喜んだのはペイジファンの私のみ。ギャノンが 居なく なる事に
よって、インスト類は演奏不可能になりましたが”Some Girls~”などのジョニー単独でも充分ライブ映えし、尚且つスミスと
いうバンドのたゆたう美しさを象徴する曲が演奏されるのは素晴らしいですね。愉快なシーンと云えば、”Still Ill”でロークの
所に皆集まって団子状態になってしまった所や、アンコールの時にモリシーがジョニーに頭を押さえつけられて出てきた所で
しょうか。最後なので長々と書いてしまいましたが、スミス時代のジョニーが神がかっている事は、私にとっても揺ぎ無い
真実であり、それは自身のエピタフに刻み込んであの世へ行く所存です。 


southbank

 
 
SOUTH BANK SHOW '87 (50分/画質B)
  This Charming Man / The Queen Is Dead / What Difference Does It Make? /
  There Is A Light That Never Goes Out / Hand In Glove / Shoplifters Of The World
  Unite / Panic ***/
 
  スミス解散後につくられたBBC1のドキュメンタリー番組。スミスメンバーのインタビューの他、
  関係者多数出演。PVやらライブやら所々に挿入されてはいますが、なんだかどうも的外れな
  様子が見て取れます。要らないシーンも多い(特にヴィヴ・ニコルソンとモリシがドライブするシーン
  は全く持って不要)。番組自体のクオリティも、どう観ても褒められたものではないです。
 

 



LIVE IN ENGLAND '83 (38分/画質Aマイナス/ジョニー度:60%)
You've Got Everything Now / Handsome Devil / Reel Around The Fountain / What Difference Does It Make? /
Wounderful Woman / These Things Take Time / I Don't Owe You Anything / Hand In Glove / Miserable Lie /
Accept Yourself ***/

多分ハシエンダと同ソース。

LIVE IN FRANCE '85 (Dec.1st/62分/画質Bマイナス/モノクロ時折カラー/ジョニー度:40%)
William, It Was really Nothing / What She Said / No Where Fast / Reel Around The Fountain / Heaven Knows
I'm miserable Now / How Soon Is Now / Still Ill / Rusholme Ruffians / This Charming Man / Barbarism Begins
At Home / I Want The One I Can't Have / Hand In Glove / What Difference Does It Make? / Handsome devil /
Miserable Lie ***/

85年のパリ公演は1回のみなので、Dec.1stでほぼ間違い無いと思います。しかし、何故85年ものはこんなにも画質が悪い?
アルバム"Meat~”好きには大いに不満です。

 

 その他の残存映像


DERBY ASSEMBLY ROOMS ’83

SMITHS  WORKS  HOME