THE SMITHS BOOTLEGS (CD)

ASLEEP


1.Wonderful woman 2.Girl Afraid 3.Heaven Knows I'm Miserable Now 4.How Soon Is Now 5.William It Was Really Nothing 6.The Boy With The Thorn In His Side 7.Frankly Mr.Shankly 8.Big mouth Strikes Again 9.Rusholme Ruffians 10.Shakespeare's Sister 11.Jeane 12.What's the World 13.The Boy With The Thorn In His Side 14.How Soon Is Now 15.Nowhare Fast 16.Groovy Kind Of Love 17.Every Day 18.There Is A Light That Never Goes Out 19.Asleep***
殆どがLIVE前のサウンドチェック時のインストゥルメンタル。What's The Worldは、Jamesのカバーで、”I Started Something”の、カセットにのみ収録されているそうです。たまにモリシヴォーカル入りの曲もありますが、カウント取っていたり脱力ムードが凄く可愛い。特にAsleepは、Liveで聴いた事が無いので生を伝える貴重な盤。

THE FIRST DEMO RECORDINGS / BBC DEMOS


CD1/1.Reel Around Fountain 2.You've Got Everything Now 3.Miserable Lie 4.Thise Things Take Time 5.Wounderful Woman 6.Handsome Devil 7.Hand In Glove 8.What Difference Does It Make? 9.I Don't Owe You Anything 10.Suffer Little Children 11.Pretty Girls Make Graves***(Troy Tate Produce) 12.Handsome Devile13.Reel Around The Fountain CD2/1.Miserable Lie 2.These Things Take Time 3.What Difference Does It Make? 4.You've Got Everything Now 5.Hand In Glove 6.Accept Yourself 7.I Don't Owe You Anything 8.Pretty Girls Make Graves 9.Reel Around Fountain 10.This Charming Man 11.Still Ill 12.This Night Has Opened My Eyes 13.Back To The Oldhous***(BBC SESSIONS)
表記間違いもそのまま再現。ご存知Troy Tateプロデュースの1stとBBCセッションの音源です。正規の1stよりも素晴らしい仕上がりの曲もあり、こちらの”Suffer Little Children”はピアノのもの寂しい余韻に浸れて大好きです。”Wonderful Woman”も正規盤では聴けませんがとても儚げで綺麗な曲です。ジョニーのGui.とメロディが素晴らしいので是非とも何かしらの音源で聴いて下さい。BBCの方はブートヴィデオで見れるものや、何より"Hatful Of Hollow"収録のものの方が優れており、こちらは音も篭っていて良くないのでお薦めいたしません。番組司会者のMCも邪魔です。

LAST OF THE ENGLISH ROSES(ライヴ・イン・ヨーロッパ1985)


1.ミゼラブル・ライ 2.ヘヴン・ノウズ 3.ディス・チャーミング・マン 4.ガール・フレンド 5.プリティ・ガールズ・メイク・グレイブス 6.スティル・イル 7.ディス・ナイト・ハズ・オープンド・マイ・アイズ 8.バーバリズム・ビギンズ・アット・ホーム 9.バック・トゥ・ジ・オールド・ハウス 10.ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク 11.アイ・ドント・ノー・ユー・エニシング 12.リール・アラウンド・ザ・ファウンテン 13.ハンド・イン・グローブ 14.ユーヴ・ゴット・エヴリシング・ナウ 15.ハムカム・デビル 16.ディーズ・シングス・テイク・タイム***
たまにある珍日本盤ブート。帯/ライナー付き。ガール・フレンドや、ハムカム・デビルにまず大笑い、帯タタキは”80年代、イギリスにはスミスがいた。ウソだと思うならこのライヴを聴きなさい。幻を追いたければ一緒に踊りなさい。”。ライナーも酷いものです。"ハットフル・オブ・ホロウ"が段々変化し、終いには”ハートフル・オブ・ソロウ”になってゆく様は爆笑を禁じ得ません。肝心のLIVEは大変素晴らしいです。ジョニーのGui.が際立って響いています。ピックの擦れる音も。"I Don't Owe You Anything"はサンディ・ショウ。”1985年ヨーロッパツァーのライブ”となっていますが、1984 March 12th Hammersmith Palaisでのショウかと思われます。あ、85年じゃないではないか。

LIVE IN DERBY DEC.7th 1983&MEERWARD,AMSTERDAM 1984


LIVE IN DERBY/1.Handsome Devil 2.Still Ill 3.This Charming Man 4.Pretty Girls Make Graves 5.Reel Around The Fountain 6.What Difference Does It Make 7.Miserable Lie 8.This Night Has Opened My Eyes 9.Hand In Glove 10.These Things Take Time 11.You've Got Everything Now LIVE IN AMSTERDAM/12.Heaven knows I'm Miserable Now 13.Barbarism Begins At Home 14.Miserabel Lie 15.I Don't Owe You Anything 16.What Difference Does It Make 17.Handsome Devil 18.You've Got Everything Now***
ジャケ写、完全に左右反対ですね。モリシーの唱方がまだまだ拙く感じられる初期のLIVEです。”Barbarism”がかなり初期の曲だという事が解ります。全体的にモッタリした印象がありますが、音質が悪いのとテンポが合ってないからかも知れません。日本語ライナーには”ギターのバッキングのアルペジオが非凡なものを感じさせる”と書いてあります。

LIVE IN MADRID LIVE AT PASEO DE CAMOEONS MAY 5,1985


1.William, It Was Really Nothing 2.Nowhere Fast 3.I Want The One I Can't Have 4.What She Said 5.How Soon Is Now? 6.Handsome Devil 7.That Joke Isn't Funny Anymore 8.Shakespeare's Sister 9.Rusholme Ruffians 10.The Headmaster Ritual 11.Hand In Glove 12.Still Ill 13.Meat Is Murder 14.Heaven Knows I'm Miserable Now 15.Miserable Lie 16.Barbarism Begins At Home 17.This Charming Man 18.You've Got Everything Now***
MEAT IS MURDER好きには堪らないLIVEです。85年のLIVEは素晴らしい!特に”That Joke Isn't〜”。更にこの盤は録音状態がA+で、とても音がクリアなのです。LIVEに於いてはギャノンの功績を認める方も多いでしょうが、これを聴いたらジョニーひとりで充分に素晴らしいという事を解って頂けると思います。”How Soon〜”、”Shakespear"など大興奮もののアグレッシヴなプレイです。モリシーもご機嫌、声には最高に張りがあります。ノリきってるいい時期だというのが手に取るように窺え、そのまばゆいばかりの美しさと輝き、溌剌とした躍動感に切なさがこみあげて来ます。この音源たちの中でそれらは永遠です。

MISERY LOVES COMPANY


内容は”LAST OF THE ENGLISH ROSES”と同様です。多分ソースが違いかも知れませんが、こちらの音質は数段劣っています。”いや、違う日のLIVEだ!”と思われる方はお知らせ下さい。

MORRISSEY 1959-1986


1.These Things Take Time 2.What Difference Does It Make 3.The Hand That Rocks The Cradle 4.Handsome Devil 5.Jeane 6.Beautiful Woman 7.Hand In Glove 8.Miserable Lie 9.There Is A Light That Never Goes Out 10.Frankly Mr.Shankley 11.How Soon Is Now 12.London 13.Half A Person 14.Sheila Take A Bow 15.Shoplifters Of The World Unite***
何とHAND MADEレーベルですが好盤です。1-8は82年12月のスミス三回目のLiveという注釈が付いていますが、83年2月4日のHaciendaでのLiveかと思われます。特に”Hand That Rocks〜”はLiveならではのアレンジで、オリジナルがイマイチ好きじゃない私には吃驚の嬉しい変貌ぶりです。”Beautiful Woman”は勿論”Wonderful Woman”ですが、歌詞が微妙に違っています。”Jeane”も弾けていて恰好良く楽しい気分になります。次に9-11ですが、いきなり飛んで”RANK”落ちの音源が入っています。まさに”RANK”のテンションで”There Is A Light〜”、”Frankly〜”、”How Soon〜”が聴けます。勿論音質は劣りますが私は紛れ込ませて聴いています。85年のLiveと比べると、このギャノン在籍時のLiveの”How Soon〜”は面白い(=素敵な)ジョニーのソロが時折聴けます。ユニゾンでハモッていたり完成度は高いですが、やっぱりジョニーひとりでいい。12-15はTVショウのLiveですね。特に14-15はスミス最後のTV Liveとなっていますが、87年4月10日の”The Tube”でのショウだと思われます。(その後が本当に最後のTOTP出演)

GIRL AFRAID / TV SHOW "ROCKPALAST" Jun.4, 1984


1.Hand In Glove 2.Heaven Knows I'm Miserable Now 3.Girl Afraid 4.This Charming Man 5.Pretty Girls Make Graves 6.Still Ill 7.The Crack On The Head 8.This Night Has Opened My Eyes 9.Miserable Lie 10.You've Got Everything Now 11.Handsome Devil 12.What Difference Does It Make 13.These Things Take Time 14.This Charming Man 15.Hand In Glove 16.The Crack On The Head***
”モリッシータコ踊り!”というエアーズの注釈も懐かしい、ドイツの番組”ROCKPALAST”のLive模様です。思えば私が最初に観たスミスがこれであり、最初に手に入れたブートCDもこれであったので映像/音源ともに良く観聴き致しました。この時のジョニーのGui.の音は独特な鳴りと透明感があり今でも特に大好きなCDです。14-16は確かにアンコールで演奏しましたがソースは”実際のアンコール”を使用されておらず、4.1.7を使い廻しています。”The Crack On The Head”は云うまでもなく”Barbarism Begins At Home”。ジョニーのGui.の”鳴り”が気に入っている盤で、特に超高速”What Difference Does It Make”は素晴らしい。

RUSHOLME RUFFIANS PLAY AT HOME Mar.31,1985


1.What She Said 2.Hand In Glove 3.How Soon Is Now 4.Stretch Out And Wait5.That Joke Isn't Funny Anymore 6.Shakespeare Sister 7.Rusholme Ruffians 8.Headmasters Ritual 9.Still Ill 10.Meat Is Murder 11.Heaven Knows I'm Miserable Now 12.Handsome Devil 13.Barbarism Begins At Home 14.Miserable Lie/You Got Everyting Now***
表記間違いは突っ込まないで下さい。これも大好きな85年のLiveですね。”LIVE IN MADRID”よりちょっと落ちついている感じがします。”Stretch Out And Wait”や”That Joke Isn't Funny Anymore”は、やはり85年Liveでは欠かせない曲であり特に”Stretch〜”、私はこれで初めてLiveを聴きました。Liveになるとますます湿度感が増してあったかいです。”Rusholme〜”は、His Latest Flameは無いもののジョニーの独特なじゃらじゃら音を目一杯楽しめます。”Handsome Devil”から突然音が大きくなって驚きます。

SIGN HERE / Rough Trade Demos Recorded 1983 + Bonus Tracks


1.Reel Around The Fountain 2.You've Got Everything Now 3.Miserable Lie 4.These Things Take Time 5.Wonderful Woman 6.Handsome Devil 7.Little Children 8.Pretty Girls Make Graves 9.Hand In Glove 10.What Difference Does It Make 11.I Don't Owe You Anything 12.Jeane 13.Miserable Lie 14.I Don't Owe You Anything 15.Reel Around The Fountain 16.Pretty Girls Make Graves 17.William, It Was Really Nothing 18.Shakespeare's Sister***
これもTroy Tateのプロデュース・バージョン。正規盤よりいい曲もありますが、全体的にモタモタした感じです。Bonus Tracksが意味不明。18の”Shakespeare's Sister”は騙されてはなりません。なんと”Rusholme Ruffians”のヘンテコ・バージョンなのです。これってなんなんでしょう?ボヨヨ〜〜ンという感じで笑えます。モリシーのヴォーカルもメリハリが無くダラ〜ンとしてます。

UNLOVEABLE


1.Miserable Lie 2.What Difference Does It Make? 3.This Night Has Opened My Eyes 4..Hand In Glove 5.Still Ill 6.Barbarism Begins At Home 7.Still Ill 8.This Charming Man 9.Hand In Glove 10.Jeane 11.Bigmouth Strikes Again 12.Vicar In A Tutu 13.There Is A Light That Never Goes Out 14.Panic 15.Sheila Take A Bow 16.Shoplifters Of The World Unite 17.Hand In Glove 18.Rock'n Roll Part2 19.Unloveable#1 20.Unloveable#2 21.There Is A Light That Never Goes Out***
TVショウの音源で、それらの殆どは海賊映像で観れるものばかりです。”Charlie's Bus”(Splat!)の映像は云わずと知れた抱腹絶倒絵巻。”Datarun”の映像は音源からも窺える通りジョニーとモリシーがラブラブ仲良しなもの。13-14、”Panic”のスライドも素晴らしい。この辺のTVショウは余裕&貫禄の雰囲気が漂っています。同曲ではチビっ子も飛び入り。音痴っぱずれなのも笑えますが、誰もこの少年を気にしている様子が無いのが最も可笑しい所です。”Unloveable”はLiveで演奏されないので珍しいですね。リラックスしてます、モリシー。

SAME DAY AGAIN


1.William It Was Really Nothing 2.Nowhere Fast 3.What She Said 4.Hand In Glove 5.How Soon Is Now 6.Stretch And Wait 7.That Joke Isn't Funny Anymore 8.Shakespears Sister 9.The Headmaster Ritual 10.Still Ill 11.Meat Is Murder 12.Miserable Lie 13.Barbarism Begins At Home 14.You've Got Everything Now***
こちらも85年もののライブ。Recorded Live In Europeと書いてありますが具体的な日時、ヴェニュー等不明。音質はクリアでSD/A+って所でしょうか。逆にエキサイトメントに欠けてしまっていますが、その分楽曲の美しさが 際立っています。Liveの”Stretch〜”は かなり良いです。”You've Got Everything Now”を、”You've Got Nothing Now”と歌い、モリシーのヨーデルっぷりもはなはだしく、”Shakespear”でのジョニーの演奏はフットワークも軽やかそうでとても楽しげ。

ROYAL COMMAND PERFORMANCE


1.Some girls are bigger than other 2.Shoplifters of the world unite 3.Cemetary gates 4.This night has opened my eyes 5.Still Ill 6.Panic 7.The Queen is dead 8.William...It was nothing 9.Hand in glove 10.Big mouth strike again 11.Vicar in a tu-tu 12.Frankly Mr.Shanley 13.There is a light 14.Ask 15.I Want the one I can't have 16.Is it realy so strange 17.Shakespeare's sister 18.Jeanne 19.Rusholme ruffians 20.London 21.The box with the thorn in his side 22.Girl don't come***
間違い表記もそのまま載せておきます。ブートビデオにもあるブリクストンのライブ、Gメックスのライブとスミス終焉間近の音源です。”Jeane”と、最後の”Girl Don't Come”はサンディ・ショウがボーカルを取ったもの。ジョニーの奔放なギター・プレイを堪能出来、”Still Ill”はモリシの唸るボーカル・パフォーマンス、演奏ともに最高潮。音質はSB/B+といった所ですが、音がクリアになったりショボくなったりとかなり不安定です。ちょっとピック・アップしますと、今作品の”The Queen Is Dead”はビャービャーシャーシャー云ってます。つまりエフェクト掛けすぎ。だんだんエスカレートして来ました、という感じです。”This Night Has Opened〜”はその温度や湿度、澱み無きギター一音一音など特筆すべき素晴らしさであり、”Rusholme Ruffians”は勿論”His Latest Flame”も漏れなく付いてます。ひとり”London”ライブは”Miserable Lie”ラストのファルセット部分と絡めてあり、かなり興奮。まさに”うぉ!来た!”という感じでした。

THANK YOUR LUCKY STARS


1.Please,Please,Please Let Me Get What I Want 2.Still Ill 3.I Want The One I Can't Have 4.There Is A Light That Never Goes Out 5.How Soon Is Now? 6.Frankly, Mr. Shankly 7.Panic 8.Stretch Out And Wait 9.The Boy With The Thorn In His Side 10.Is It Really So Strange? 11.Cemetry Gates 12.Never Had No One Ever 13.What She Said/Rubber Ring 14.That Joke Isn't Funny Anymore 15.Heaven Knows I'm Miserable Now 16.The Queen Is Dead 17.Money Changes Everything18.I Know It's Over*** ( Universal Amphitheater,Studio City,Los Angeles,USA Aug.26/1986)
いわゆるスミスのブート名盤と呼ばれている音源です。音質最高、MCも殆ど無しに進行するこのライブは”Sameday〜”と同様にアグレッションに欠けたものですが、スタジオ並のクオリティを求める人にはお薦めです。”Still Ill”にしてもモリシーの奇声は無いし、どこか淡々と冷めたライブのように思えます。後期のライブにしては”Meat Is Murder”からの曲が多数入っていて個人的には大変嬉しいです。ライブ、というよりはコンサート若しくはリサイタルと云った風情であり、ジョニーの繰り出す音は微塵切りの如くクリアで整然としています。が、後に突然マッタリモードが破られる事態に陥ります。”Cemetry Gates”直後あたりから不穏な空気が流れ始め、”The Queen Is Dead”前に一発、”You Don't Do That Song Anymore”とモリシ注意が入ります。そんな事など忘れておお、ジョニー来たね、と”Money Changes Everything”に聴き惚れていると、モリシ:Oh God...。ジョニー:Fxxkin' Idiot These Guys!モリシ:Jesus Christ! Don't be Stupid!等等の怒号に交じって女子の阿鼻叫喚が・・・。何が起きたのかは想像に難くないですが、いやはやラストの曲、”I Know It's Over”は本当に凄まじいです。映像があるならば興味本位で観てみたいです。

EL DORADO / The Theatre El Dorado,Paris,France May 9,1984


1.Hand In Glove 2.Heaven Knows I'm Miserable Now 3.Girl Afraid 4.This Charming Man 5.Barbarism Begins At Home 6.Pretty Girls Make Graves 7.This Night Has Opened My Eyes 8.Still Ill 9.You've Got Everything Now 10.Handsome Devil 11.Miserable Lie 12.These Things Take Time 13.What Difference Does It Make? 14.Barbarism Begins At Home***
いきなりすっとんきょうなジャケ写で度肝を抜かれますが、中身は至ってまともなのでご安心を。その名も”Bonsai Records”で、トレードマークと思われる盆栽の絵が裏ジャケ角っこに入っています。ジョニーは似てるやら似てないやらです。この盤も、よくあるもののように後半に行くにつれて音が良くなってきます。ジョニーのギターはこの頃特有のデリケイトな音の精緻を極めたものですが、徹底してクールです。恰好良いです。特に”Miserable Lie”の、飽くまでも冷静にキレたギター・プレイの恰好良さは特筆すべきものです。一度目のバーバリズムはラスト、ロークのベースだけになりますので、多分ジョニーはモリシーと踊ってます。二度目のバーバリズムの前に、モリシーが”またバーバリズムだけど、いいかな?”というような事を何度もお客さんに問い掛けています。”ほんとに、いい?”みたいな感じです。凄く可愛いのですが、この二度目のバーバリズムでジョニーは踊ってはおらず、ひたすらチキチキと自分の世界に篭もるようにギターを弾き続けております。この盤の一番の魅力は、冷ややかな美に徹したジョニーの氷点下の如きプレイかも知れません。

YOU'VE GOT EVERYTHING NOW


1.Hand In Glove 2.Heaven Knows I'm Miserable Now 3.Girl Afraid 4.This Charming Man 5.Pretty Girls Make Graves 6.Still Ill 7.Barbarism Begins At Home 8.This Night Has Opened My Eyes 9.Miserable Lie 10.You've Got Everything Now 11.Handsome Devil 12.What Difference Does It Make 13.These Things Take Time 14.This Charming Man 15.Hand In Glove 16.Barbarism Begins At Home***(Live At Market Hall,Hamburg May 4,1984)
ローガン本”茨同盟”での会場名、”マルクトハレ”読みです。と、ここまで書いて気がつきました。これはパラスト84と同ソースですね。今、凄まじい”ヤラレタ感”に打ちひしがれております。が、パラスト84のご紹介ページではろくすっぽ感想が述べられておりませんので、ここで改めてご紹介する事にします。音質に関しては申し分無しのSB/Aでしょう。MCもお客さん達の熱気もクリアに伝わってきますが、曲によっては異常にテンポが早い。モリシー、とても溌剌としたチャーミングマンを披露し、喉の調子も絶好調。ジョイスのシンバルはいつになく張り切った感じでキレまくりです。個々の楽器の音が特筆すべきクリアさで録音されており、勿論ジョニーのプレイもかなり鮮明です。鮮明ながらもトランスペアレンタルな響きにうっとり。プリティ・ガールのエンディングは感動ものの美しさ、そしてバーバリズムの演奏は息を呑むほどに凄まじいプレイです。これはパラストのCD音源である”Girl Afraid”よりも音が良く、アンコール三曲はきちんとアンコールのソースになっています。(正確に云いますと、こちらは最初の三曲が正規のソースであり、”Girl〜”のCDはそれにもアンコールのソースが使用されている)”真・パラスト”として、自信を持って皆様にお薦め致します。(日付は”Girl Afraid”が6/4、これが5/4、ローガン本が5/4、ビデオは日付無しとなっていますが、どれが正しいのやら)

THE SMITHS
HOME