Ask A Silly Question... Johnny Marr

Time Out Jun8-15/2005 * Interview : John Lewis * Translated by MAKIO

We like Johnny Marr. He'll be joining an intriguing bill of US and UK folk Guitarists for Patti Smith's Meltdown on Jun.24, along with his heroes Bert Jansch and Roy Harper.

Favourite city in the world?

San Francisco. I've always found the West Coast exotic and alluring. The mountains, the climate, the glamour, the music, I went off London a few years ago and I now live in the countryside, in cheshire. But I'm still a city boy at heart. I get my city fix by staying with friends in San Francisco as much as I can.

What's the best thing you can you cook?

A Maverick, all-encompassing, vegetarian stir-fry, with tofu, bean sprouts, fried onions, peppers, garlic. Maybe even some black-eyed beans for a bit of weirdness.

Are You vegetarian?

Of course. Since about 1983. It's a bad idea to have a Number One album called "Meat Is Murder" and to eat meat. I'm very proud that so many people became vegetarians after that record.

Were Andy and Mike Vegetarians?

They were when they were around us! But you'd sometimes see Andy sneaking off with the road crew...

What was the first gig you went to?

My uncle took me to see Rod Stewart at the Belle Vue In Manchester. I was 12 so it would have been about 1976. I somehow got to talk to Britt Ekland. I thought that you got to meet a glamorous movie star at every concert you went to.

What's the best ever single?

"Eight Miles High" by The Byrds. It's symphonic, ambitious, sonically and lyrically interesting and it delivers its message beautifully, I've always seen the seven-inch single as a rather mysterical and magical object.

What would surprise me in your record collection?

"The Crunch" by The Rah Band. You'd probably think that a bit naff. It goes dum-der-DUM-der-dum-der-DUM! In my defence, it is rather glammy. Another guilty pleasure is "Amoureuse" by Kiki Dee.

The Meltdown gig seems like a conference of US and UK folk acts...

Yeah, it looks great. There's a real heaviness to folk. I don't see it was twee, finger-in-the-ear stuff. Tobe heavy and lyrical and petic with just a voice and an acoustic guitar is incredible. If it gets psychedelic then that's a bonus.

Your guitar style sounds very African...

Yes, The Edge said that once. He said my sound was very 'high-life-y'. It's probably because I play very high melodies with a clean sound. Without much of a blues feel. Actually, I never knew much about African music then. But there are some guitarists from Ghana, Madagascar, Zimbabwe and South African that I've since got into.

How many pairs of shoes do you own?

About 40. I never get rid of them, that's my problem. Actually, I raved about Birkenstock desert boots in a few interviews and Birkenstock gave me a lifetime supply. So I've probably got about 60 pairs of shoes now.

What's the weirdest thing that you've been sent by a fan?

I used to get lots of clothing, especially from American fans, "I was wearing this when I saw you play live, " they'd say, "and I want you to remember me." Actually, one girl sent me a very nice blouse which I wore on stage.

Hmm, kinky...

Do you think so? I suppose it is, actually.

Do you believe in God?

Yes, Not as a guy in the sky with a white beard. But I do believe that there is a force that created us and that we will return to.

Weirdest story you ever heard about yourself?

Well, apparently, I've been in rehab 15 times and I've joined Oasis three times. But I'm used to hearing that.

What makes you laugh?

Pathos. And inventive word play. Eddie Izzard is great. So are Matt Lucas and David Walliams. And I'm a big fan of black humour. There's a Scorsese film called "After Hours" which I find absolutely hilarious.

What the coolest thing in your house?

A giant oil on canvas by a New Zealand artist called Dean Buckley. He paints forests and mountains and hydroponic visions.

What does hydroponic mean?

Go and look it up. That's your homework for the evening. Don't ask your mum for help.

私たちはジョニー・マーが好きである。彼は2005年6月24日、パティ・スミスのメルトダウンの興味惹かれるUS&UKフォーク・ギタリストのイベントに、自身のヒーローであるバート・ヤンシュやロイ・ハーパーと共に参加する。

世界中でお気に入りの街はどこですか?

サンフランシスコだね。西海岸のエキゾチックさにいつも魅了されるんだ。山や風土、その魅力や音楽や・・・ロンドンを離れてもう数年、今はこんな田舎のチェシャに住んでいるけど、本当の僕はシティ・ボーイさ。友だちと出来るだけサンフランシスコに滞在して、都会っ子の僕を取り戻すんだよ。

今までに作った最高の料理は何ですか?

野菜の炒め物かな。豆腐とかもやしとか、玉ねぎ、ニンニクなんかを全部一緒くたにしたやつさ。黒目豆なんか入れるとちょっと面白いよ。

貴方はベジタリアンですか?

ああ、当然。ナンバーワンアルバムのミート・イズ・マーダーを出してから、肉を食うのが宜しくないと思えてね。このレコードのせいでベジタリアンになった連中が大勢いるようだけど、それはとても誇りに思っているよ。

アンディとマイクもベジタリアンだったんですか?

僕らと一緒に居る時はね!たまにクルーたちと忍んで(肉を)食べに行ってたようだけど。

一番最初に行ったギグは何でしたか?

叔父に連れられ、マンチェスターのベル・ビューで観たロッド・スチュアート。1976年だから僕が12歳の時かな。どうにかブリット・エクランドに話しかけることが出来たんだけど、この時思ったね。ああ、コンサートに来ると毎回こんなに魅惑的な映画スターに会えるんだ!って。

今までで最高のシングルは何ですか?

ザ・バーズの”エイト・マイルズ・ハイ”さ。シンフォニックで野心に満ち溢れ、音波っぽくて、叙情的で興味深く、そしてそのメッセージは美しく・・・。僕はその7インチシングル盤を眺め、むしろそれが何か謎めいたマジカルなモノって感じに見えていたものだよ。

私が驚くようなレコード・コレクションを披露して下さい。

ザ・ラーバンドの”ザ・クランチ”。君はきっとダッセーーって云うだろうね。それはこんな具合だよ、”ダンーダーダン!−ダーダンーダン!”・・・名誉の為に云うけど、グラムっぽくはあるんだよ。もうひとつの背徳的お楽しみはキキ・ディーの”アムルーズ”。

メルトダウンはUS&UKフォーク会議という趣ですね。

ああ、素晴らしいだろうね。フォークには真実のヘヴィネスがあるんだ。フォークというのはそんな上品なものじゃなくて、耳をつんざく類のものだよ。声とアコースティック・ギターだけで、ヘヴィかつ叙情的で詩的なものになるなんて凄いとしか云いようがないね。それにサイケが加わった時にはもう、最高のボーナスだ。

貴方のギタースタイルはとてもアフリカ的ですね。

そう。エッジもそんな事を云ってたな。彼は、僕の音はとても”ハイライフ風”だと云っていたね。ブルーズ感のかけらも無く高音のメロディをクリアに出すからだろうね。実際、僕はアフリカン・ミュージックに詳しいわけじゃないけど、何人かガーナやマダガスカル、ジンバブエ、南アフリカのギタリストにはまった事もあったんだ。

何足の靴を所有していますか?

約40足かな。捨てられないのが僕の問題でね。実はいくつかのインタビューでビルケンストックのデザートブーツの事を喋ったら、ビルケンストックから生涯供給を保障されちゃったってわけ。多分あと60足分はあるねえ。

ファンからもらった一番変なものは何ですか?

よく服を貰うんだけど、アメリカのファンの話さ。”これ、貴方のライブ観てる時に私が着てたの”。で、”私の事忘れないで”。なんて云うんだ。実際、ある女の子がくれた素敵なブラウスは、僕がステージで着てたものと全く一緒のものだったんだ。

うわ~・・・気持ち悪いですね。

ん?そう?・・・そうかな、やっぱり・・・

神様を信じますか?

信じるよ。でも天空におわす白髭のやつみたいなのではないよ。僕らを創り、そして元の場所に戻って行くような、力(フォース)を信じているんだ。

貴方自身の一番奇妙な噂って何ですか?

う~ん、15回リハビリしてたとか、オアシスに3回入ったとか?そういうのはよく聞くね。

貴方を笑わせるものは何ですか?

ペソスだね。それと、実験的な言葉遊びとか。エディ・イザードは最高だね。マット・ルーカスデヴィッド・ウォーリアムズもね。僕はブラック・ユーモアの大ファンでもあるんだ。スコセッシの”アフター・アワーズ”を見つけた時はマジではしゃいじゃったよ。

貴方の家の中で一番イカしたものは何ですか?

巨大なカンバスに描かれた油彩画だね。ニュー・ジーランドのアーティスト、ディーン・バックリーのものだ。彼は森や山と一緒にハイドロポニックも描き出すんだよ。

ハイドロポニックとはどういう意味ですか?

行って観て来るといい。君の今晩の宿題にしようか。ママに訊ねたらいけないよ!

ARTICLES   HOME