ROCK & SOLE

BOSTON GLOBE APR.27.2007 (Interviewer : Mark Shanahan * Translated by MAKIO)

Q(BOSTON GLOBE):正直な所、ジョニー、あなたにとってスニーカーは演奏する上でどれほどに重要なの?

J(ジョニー):勿論、ビシッと決まった履き物は不可欠だよ。サー・アレック・ギネスという俳優は、まずキャラクター毎に靴を決めて、そこから役作りを始めるそうだよ。いいアドバイスだよね。正しい履き物を履くべきだし、そうしないと全てオジャンさ。

Q:PF FLYERSっていうんですってね。でも、あなたは特にステージ上では活発に動いたりしないじゃないですか?何故いつも座りっぱなしなんです?

J:きみ、僕のステージ見たことあるの?動かずにはおれない音楽の時もあるでしょ、体だって動いちゃうし。君が見たのはきっと静かな夜だったんだろうさ。

Q:あなたはこの靴のデザインにも関わっていますよね。何故こんな可愛いデザインに?

J:本当のところ、みんなと同じような履き方をしたくなくってさ。僕所有のお気に入り、クラシックフライヤーズをカスタマイズしたくなったんだ。ダークブルーが大好きなんだ。革素材も珍しいだろ?マンチェスターやポートランドみたいな湿った土地に住んでいるなら、おあつらえ向きだよ。

Q:あなたは靴フェチ?

J:靴フェチとは云えないけど、他のフェチではあるかも知れないな。

Q:フライヤーズのどんなスタイルがお気に入り?

J:PF ジョニー・マーのスーパーダークブルー!これからはコレだね!

Q:モデストマウスのアイザックや他メンバーには薦めていないの?

J:ちょっとだけ。アイザックとジョー(パーカッショニスト)はたまに履いているよ。タダで僕のを狙ってるのさ。

Q:最後にスミス曲について。”How Soon Is Now”の”Now”ってのはまだなの?

J:それはその時であり、たった今でもあるよ。

ARTICLES    HOME   MODEST MARR