BBC News "Talking Shop" Jun. 13, 2009

interviewed by Colin Paterson
translated by MAKIO (原文

スミス、エレクトロニク、ブライアン・フェリィ、ザ・ザ、クラウデッド・ハウス、そしてカースティ・マッコール・・・ ジョニー・マーは長年に渡り作曲に関わってきた。スミス創始者であり現在はウェイクフィールドのバンド、ザ・クリブスのフルタイムメンバーとして活動する彼が、モジョアウォーズのクラシックソングライター賞に輝いた。

作曲することに於いての秘訣はなんですか?

諦めないこと、放り出さないこと。全部が全部うまい事行くわけじゃないんだし。キツイけどね・・・幸か不幸か、僕は曲作りが好きなんだ。そのお陰で精進しなけりゃあ、と思えるわけ。そうさな、云ってみれば作曲に秘訣なんてものは無いんだって知る事が秘訣だろうね。決まった型なんてものはないのさ。

僕は共作者に過ぎない。僕が提供した100パーセントのものと、相手が同様に出した100パーセントは特別な300パーセントのものを生むんだ。カースティやモリシーとの共作もそうだったし、勿論クリブスだって同じだよ。

どこか変わった場所で作曲することはありますか?

飛行機の中とか病院の待合室の中とか。スミスの”Stretch Out and Wait”がそうだけどね。ちょっとした想い出とコードなど得られたんだからラッキーだったよね。

しかし何とも厭だったのは、休暇を取るため空港に居たとき、ギターを持っていないっていうのにヒーラーズの曲を作り始めちゃった時の事だな。僕は休暇が終わって帰宅する二週間後までこの曲を覚えていなけりゃならなくて、毎日覚えておくことのみに必死で、なんでこんな苦行を強いられるんだろうって、全く惨めで酷い休暇だった。で、タクシーに乗って家に着くや否やギターに飛びついたんだけど、出てきた曲はなんじゃこりゃってたまげるほど酷かったっていう・・・

あなたが作曲したものでベストはなんですか?

バーナード・サムナーと作ったエレクトロニックの”Get The Message”かな。何が起こったのか解らなかったんだ・・・あの最初のベースラインが思い出されるね。10分後にバッキング・トラックも録り終えたな、と思ったら、ただならぬ空気の中、なんだかよく解らない人が入ってきて、なんだかよく解らない詞を書いて出て行ったんだ・・・まるでその場を他の誰かが支配していたような感覚に陥ったね。

この曲の何が素晴らしいって、スミスのようにも聴こえないし、ニュー・オーダーのようでも無かったっていう事じゃないかな。独自のものを作り上げたと思ったね。そういった意味では、今僕がクリブスと共作している”City Of Bugs”という曲にも”Get The Message”と同様の事が云えるね。

あなたは昨今、ありそうもないような人々とも仕事をしていますね。Girls Aloudの件はびっくりしました。

ああ、そうだね。正直アレは仕事ってほどの事でもないけど。やりたくなきゃやらなかったわけだし、だからって別に貶すわけじゃあないよ。トラックを聴いた僕にプロデューサーが”君ならどんなプレイを入れる?”って云うから、”これにはこんなのがいいんじゃない?”って弾いて、他のトラックを聴いたらハーモニカが必要だと感じて”こんなのがいいんじゃない?”って吹いてみせて。 それだけ。 素敵だろう!

ガールズ・アラウドとステージに立つっていうのは?

ガールズ・アラウドと(笑)?いや、別に何のキケンも無いとは思うけどさ・・・

ではモリシーと。

疑わしいねえ・・・彼が僕の居るバンドのどれかにゲストで出演する事に興味を示さない限りそんなの、とても起こりそうにもないね・・・

あなたは今でもクリブス同様モデストマウスのメンバーなんですか?

モデストマウスはちょっとした中断と云ったところかな。アイザックは今、映画音楽の仕事をしているからね。モデストマウスというのは、本当に成熟した大人の集団であって、彼らとプレイしたい時にはいつでも出来るんだ。僕はポートランドに住まいもあるし2-3のレコーディングが必要とあればすぐに馳せ参じるよ。まあ今はクリブスがツアー中だけど。

マンチェスター・シティのファンとして、8千万ポンドでレアルマドリードに移籍したロナウドの事はどう思います?

人ひとり、8千万ポンドってどうやったら使い切れるのかな?恥ずかしいことじゃないか?僕個人としては実に恥ずべき行為だと思うね。これに関しては擁護のしようがない。いちスポーツマンにとって、8千万ポンド(日本円で129億円くらい)って本当に必要か?僕はそうは思わないが。

8千万ポンドの価値って?

インドに病院がいくつも建つだろうよ。

(updated Jun.14/2009)


HOME     ARTICLES